換毛期や冬場の無駄毛、抜け毛対策に、猫が喜んでケアできるミトンラバーブラシ

猫を飼われている方にオススメのミトンラバーブラシを紹介します。

ミトンラバーブラシをご存知でしょうか?

実際に使われている方からお話を伺いました。


以前は、換毛期や冬場の綿毛状の無駄毛を、ソフトなスリッカーブラシで優しくブラッシングしてまめに取り除いてやっていました。

スリッカーは、飼い主側から言えば使いやすく、無駄毛も気持ちよく取れるのでまずまず満足していたのですが、猫が老齢になるにしたがって、どんなにソフトにブラッシングしていても、刺激が強すぎるのかだんだん逃げられるようになってしまいました。

また、この部分はかゆがっているから念入りに、と思ってブラッシングしてやると、猫は平気な顔をしてケアさせているにもかかわらず、地肌が赤くなってこすれすぎている、といった軽めのトラブルが頻繁に起きるようになりました。

肌当たり柔らかく、猫が嫌がらない使い心地のスリッカー的なグルーミングアイテムを探してみたら、ミトン型のこのラバーブラシを見つけ、これだ!と思いました。

ミトンラバーブラシを即購入し、試してみました。

猫が初めてミトンラバーブラシを見たときは、ちょっとぎょっとした感じでしたが、ひざに抱いて優しく、グルーミング関係なくおひざでなでなでしょうね、という感じで、ミトンラバーブラシを手にはめてなでなでしました。しばらくするとグルグルとのどが鳴り出し、猫は目を細めてとても気持ちよさそうに「なでてもらって」いました。

ミトンラバーブラシのすごいところはここだと思います。つまり、猫にとっては「濃密にかわいがられ甘やかされてなでなでタイムを満喫」なのですが、飼い主側からすれば「猫とスキンシップしておとなしくさせながら、抜け毛無駄毛ごっそり取れる合理的なグルーミングケアを実現」なのです。

グルーミングなでなでで、猫は喜び、メンタルが開放されるリラックスを得ることができ、人間は、喜ぶ猫の満足顔で癒されながら、グルーミングに関しては楽チン完璧お手入れが両立できる。これはすごいと思いました。

ただし、換毛期のあまりにも量の多い冬毛のごっそり抜け毛や、普段猫が自分でケアできないわきの下から胸元あたりの抜け毛は、スリッカーを併用するのがいいと思います。

絡めた毛をまとめるという機能はスリッカーのほうが勝っているので、シリコンミトンでなでなでしたあと、ソフトスリッカーで体表面に残って絡み付いている無駄毛をなで取ってあげるという方法がベストだと思います。

ミトンラバーブラシは、猫と人間どっちも癒されるグルーミングケアを実現してくれます。


実際に使用されている商品はこちらになります!

興味を持たれた方は、ぜひお試しください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー