スタミノールの口コミ評価!悪い点はここ!

ペットの栄養補完食、スタミノールの効果、犬と猫とハムスターにも使用できるのか、実際に使用してみての口コミ評価をまとめてみました。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

スタミノールってどんな商品?


スタミノール 犬用 100g

スタミノールは愛犬の食欲不振や妊娠、出産時の栄養補助として効果的な補助食品です。高栄養で指向性が高いので、体力回復効果も期待できます。

形状はペースト状で使いやすく、薬を混ぜたり歯茎に塗りつけて使用するといった方法も簡単です。スタミノールはチューブ型容器に入っているので残ったものの保存も可能です。

子犬や犬に使用しても大丈夫?

「生後0~2か月の幼犬、幼猫には与えないこと」

スタミノールのパッケージの後ろの注意書きにしっかりと記載されている通り、生まれて間もない子犬などへの投与はできません。月齢を過ぎてから与えるようにしましょう。成犬、老犬にはもちろん使用可能です。

猫に使用しても大丈夫?

スタミノールは犬だけではなく、「猫スタミノール」という専用商品が出ていますのでそちらを与えましょう。まぐろ味で多くの猫ちゃんが好む仕上がりです。用途は犬用と同じで栄養補完、投薬補助などに使用します。

また「猫スタミノール毛玉ケア」という、食物繊維を多く配合しおなかにたまった毛玉に作用する商品もありますので、用途に合わせて選びましょう。

ハムスターに使用しても大丈夫?

犬猫用品として販売されているスタミノール。実はスタミノールはハムスターにあげることも出来るのです。

投薬補助で使っている方が多いのですが、ペロペロと舐める様子が単純に可愛いのでおやつのコミュニケーションとして少量与えている方も。

ただしスタミノールはハムスターにはカロリーが高いので三日に一度、ご飯つぶ二粒ほどに留めておかないと肥満につながります。

スタミノールの原材料・成分と効果!

高栄養でおいしいと評判のスタミノール。原材料・成分や効果はどのようなものか調べてみました。

原材料

小麦胚芽油、佐藤、植物性油脂、粉末状大豆たん白、L-カルニチン、保存料(デヒドロ酢酸Na、バラオキシ安息香酸)、ビタミン類(A、D3、E)

成分は?

粗たん白質 2%以上、粗脂肪 38%以上、粗繊維 1%以下、粗配分 1%以下、水分 20%以下

カロリーは?

1gあたり5kcal

効果は?

成分から分かるとおり、主成分は油、糖、たんぱく質です。良質な油分とタンパクで高栄養高カロリーなので食いつきは抜群です。

スタミノールはあげすぎに注意しなければならないほどなので、栄養補助はもちろん投薬やご褒美のちょっと使いには最適です。

また、毛なみや毛ヅヤに効果的なビタミンが配合された「スタミノールV」、足腰や関節の健康維持用に「スタミノール関節ケア」という専用商品も。カロリーや主成分は変更ありませんのでもちろん栄養補助としても使用可能です。

1回の使用量は?

一日の目安の給仕量は犬の体重によってかわります。

  • 1~5Kg…1~3g
  • 5~10Kg…3~5g
  • 10~20Kg…5~10g
  • 20~40Kg…10~16g

口コミレビュー!

スタミノール愛用者の飼い主さんの本音の口コミを調査してみました。クラウドソーシングのアンケートからの口コミを掲載しています(文章の軽微な修正はしています。)。

購入するきっかけ!

愛犬が加齢と持病により弱ってしまい、食事を摂るのも辛そうにしていました。そんな時に獣医さんからおすすめされたのが、このスタミノールでした。

甘い味で犬としてはおやつ、しかしながら栄養は豊富という理想的な栄養補完食で、スタミノールはご飯を食べるのが大変な犬にもぴったりだとおすすめされました。

スタミノールを実際に買って愛犬に与えたところ、初めは億劫そうに舌を出したのに、二口目からは催促までするようになりました。それからは、非常食兼栄養食として常備しております。

ここがオススメ!口コミ評価!

スタミノールの良かった点は、主に2つです。

1つ目は、使いやすいペースト状でチューブに入っていること。

粉やボーロのタイプだと薬を混ぜるのが難しいですし、保管も気を使います。ペーストであればその点の心配はなく、また、出すときに手が汚れずないのも魅力的です。

2つ目は、続けて与えると目に見えて元気になるほど栄養が高いことです。

老犬や幼犬、病気になった犬なども対象にしているため、栄養価が高く少し体調を崩している時などの回復に役立ちます。

以上2点がスタミノールの良かった点です。

ここはいまいち!デメリット!

スタミノールの悪かった点は、お値段が少々張るところとチューブに亀裂が入りやすいところです。

スタミノールは効果も高いのですが、100gで2000円が定価なので、栄養食としては少しお値段が高いかなと感じてしまいます。

また、スタミノールが入っているチューブが少し脆く、使っていると亀裂が入ってそこから内容物が漏れてしまうことがあります。相当注意して使わないと無事に使い切ることができないので、その点は注意が必要です。

以上がスタミノールの悪かった点です。

口コミレビューまとめ!

スタミノールは、非常に効果的な、愛犬も喜ぶ優秀な栄養食だと感じております。栄養価の高さはもちろん、犬にとっては重要な味の良さ、飼い主の使いやすさ、この3点が高い水準で保たれています。

スタミノールは少しお値段は張りますが、愛犬の健康維持を考えれば高価だとは感じません。また、獣医さんも使用し、おすすめする商品ですので、信頼性も抜群です。
幼犬や老犬、あるいは愛犬の食欲がないとき、ぜひスタミノールの使用をご検討ください。

関連記事

検索

カテゴリー