健康に気を使いたい愛猫に!ヴィジョンズの無添加キャットフード

愛猫の健康に気を使いたいという人は多く、食生活に気を配る人も増えています。しかし、意外と見落としがちなのが添加物や保存料です。キャットフードは人間が食べる食事よりも規定がゆるく、添加物で品質を誤魔化しているケースもあります。

だからこそ、誤魔化しがきかない無添加キャットフードを選ぶのも方法なのです。

添加物や保存料が入ったキャットフードは多い

添加物や保存料が入ったキャットフードは多く、大手メーカーでも製造されています。これは添加物を入れた方が見た目や香りが良く、人間から見てもおいしそうに見えることがあるからです。特に猫は好みがうるさいことが多く、食いつきが良いかどうかが重要になります。

結果的に安全性が二の次になってしまうケースも存在し、猫ちゃんに負担をかけている場合があるのです。

猫は体が小さい分添加物の影響も受けやすい?

キャットフードにも添加物などの基準が決められていて、利用が出来ないものも存在します。しかし、人間ほど厳密でなく、長期にわたる健康調査などが行われていることが少ないのもポイントになっています。

猫は体が小さい分、人間よりも添加物の影響を受けやすいはずですが、しっかりと追跡調査したデータが少ないのです。一般的な猫では問題が無くとも体が弱い子であれば影響が出る可能性もあります。そのため、添加物を避けると言うのも選択肢になってくるのです。

手作りの食事は栄養が偏りやすくなるため注意

無添加の食事にこだわった結果、猫ちゃんのごはんを手作りしてしまう人もいます。しかし、注意したいのは猫が基本的に肉食である点です。肉や魚などの動物性たんぱく質を取らなければ作れない栄養が多く、人間の感覚でご飯を与えると返って体調を崩しやすくなります。

猫には猫の栄養学があり、専門的に学ばなければ返って体調不良の原因になります。無添加のキャットフードを選んだ方が栄養面では優れているのです。

無添加にこだわったヴィジョンズのキャットフード

株式会社ヴィジョンズのキャットフードの特徴は無添加にこだわっていることです。上質な素材を使い、原産国などを絞り込むことで安全で安心なペットフードを作っています。ウェットフードだけでなくドライフードなどラインナップが豊富なのも特徴になっています。

子猫やシニア猫用にラインナップを分けるなど、細かい調整をしているのもうれしいポイントになります。

無添加ドライフードもウェットフードも扱う企業は少ない

株式会社ヴィジョンズのキャットフードの特徴は、ラインナップが豊富なことです。無添加のペットフードを扱う企業は珍しくなくなりつつあるものの、ウェットタイプかドライタイプに偏りがちです。両方をバランスよく作っている企業は少ないのです。

また、ドライフードは子猫からシニアまで、ウェットフードは原材料別にラインナップされているのも特徴です。どんな猫ちゃんにも食べさせられる安心感があるのが魅力なのです。

グルテンフリーのキャットフードも扱っている

猫ちゃんの中にはアレルギー体質で食べるものが極端に限られてしまう子もいます。ヴィジョンズでは穀物不使用のグルテンフリーのキャットフードも扱っています。一般的な畜産に国アレルギーがある猫でも食べられる用に配慮されていて、アレルギー対策フードのラインナップも豊富になっているのです。

アレルギーの原因がわからず、無添加フードに切り替えて症状が改善する猫ちゃんもいます。猫ちゃんの健康を保つ選択肢として取り入れてみるのも一つの方法なのです。

食いつきを重視したラインナップも豊富なことが特徴

無添加のキャットフードの弱点は、食いつきが悪いケースがあることです。特に猫ちゃんは好みがうるさく、フードを変えるとなかなか食べてくれないことがあります。食事を切り替えようとしても苦労することは珍しくないのです。

ヴィジョンズのキャットフードの場合は天然素材で食いつきにもこだわったものが多いのも特徴になっています。

放牧した馬肉のみを使ったウェットフードもある

ヴィジョンズの無添加キャットフードの中には放牧して育てられた馬肉を利用し、アレルギーが出にくいように配慮されたフードが存在します。鮪などを使った魚介計のフードのラインナップも豊富なため、グルメな猫ちゃんにも食べさせやすくなっています。

食事の切り替えが進まないうちは以前食べていたものを混ぜて出すなど工夫をすると切り替えがスムーズに行きやすくなります。

まとめ

猫ちゃんの栄養に気をつける人は多いものの、添加物は見過ごされがちです。食事に気を使っていても体調を崩しがちな場合は食事の内容自体を疑った方が良いケースもあるのです。食事の内容や種類に敏感な猫ちゃんがいるのもポイントになります。
まずは安全性が高いフードで健康状態を保った上で調整を加えた方が快適な生活につながることは多いのです。

関連記事

検索

カテゴリー