VOOPH クールマット 犬猫用の口コミ評価!悪い点はここ!

VOOPH クールマット 犬猫用の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

VOOPH クールマット 犬猫用ってどんな商品?

人間が使うアイスノンなどとほぼ同じような仕組みです。保冷剤のような冷却ジェルパットを専用のマットの中に入れて、暑くて寝苦しいのなどの猫ちゃんのお腹の下にひいてあげます。

ちょっと抵抗を感じたのは、猫ちゃんのお腹の下にひいていたものを、人間が食べる物と同じ冷凍庫で冷却する時は抵抗を感じました。

でもそんなの、猫ちゃんがオシリをペロペロ舐めたくちでチューしてくるのを受け止めてるんですから、大した事ないですよね。(笑)

購入するきっかけ!

買っていた猫ちゃんが、夏の夜は寝苦しくてウンウン唸っていました。猫は「よく寝るから寝る子=ねこ」という名前の由来があるぐらいですから、不眠症はさぞかし辛かろうと思い、快眠に繋がりそうな冷却マットを購入してお腹の下にひいてあげました。

最初は、キンキンに冷えてたら喜ぶだろうと思って冷えたジェルパットを直接当ててみたのですが、冷た過ぎるのもダメみたいです。専用のマットの中に入れる事でちょうど良い冷たさになり、自分からマットの上で寝るようになりました。

ここがオススメ!口コミ評価!

普段はおっとりした性格のうちの猫ちゃんも、不眠症だとイライラして八つ当たりして来ました。クールマットで冷やしてあげたら、不眠症が改善されたようで、元のおっとりした性格に戻りました。

また後から知ったのですが、人間がの場合は眠る時、体をポカポカに暖めて、頭を冷やすとよく眠れるそうです。猫ちゃんも、頭だけ冷やせばもっとぐっすり眠れるかも知れませんが、猫ちゃんの頭だけ冷やすのは至難の技です。とりあえずお腹を冷やして喜んでいるようなので良しとしました。

ここはいまいち!デメリット!

買った時は、冷蔵庫に入れたりする必要がなく自然とヒンヤリして感じる素材なのかと思って勘違いして買いました。通販で買える冷感シーツみたいなものかと思ったのですが、冷凍庫で冷やさないとあまり冷えないと分かり、ちょっとガッカリしました。

初めのうちはマメに冷凍庫に入れていましたが、そのうちに面倒になり、冷やさなくなってしまいました。マットには猫ちゃんの抜け毛がこびりつき、パッと見汚い感じに見えていました。

口コミレビューまとめ!

猫ちゃんの快適さを追求し、かつ人間の楽さも追い求めるとなると、なかなか理想的な商品は難しいです。しかし、人間がマメに冷凍庫に出し入れすれば、猫ちゃんもハッピー、イライラしてない猫ちゃんに癒されて人間もハッピーです。

でもお金をもうちょっと掛けたら、電気式の冷却装置で最適な冷たさを自動的にキープできるようなものも買えたんじゃないかな?!でもちょっとした気遣いで猫ちゃんがハッピーになったと信じたいです!

関連記事

検索

カテゴリー