愛犬の毛艶アップ「ペットカインド グリーントライプ&バイソン」

昨年家族になった我が家のトイプードルは、レッドのオスですが、生後4ヶ月ほどまでは濃いレッドの毛色をしていたのに、徐々に色が薄くなっていき、生後半年ほどになるとかなり明るい色の毛が増えてきました。
もともとトイプードルは、ホワイト以外は退色するということは知っていましたが、まさかこんなに子犬の頃から退色するとは思っていなかったので、びっくりしてしまいました。
インターネットなどで調べてみたところ、ドッグフードを変えることで退色が落ち着いたり、毛艶がアップするということを知り、ドッグフードを変えてみることにしました。

それまで食べていたドッグフードは、ブリーダーさんのところで食べていたものと同じ某有名ドッグフードですが、食いつきもだんだん悪くなってきたところもあり、ちょうどフードを変えてみる良い機会だと思いました。
それまでは同じドッグフードを購入していたので、いざ選ぼうと思ったときにどれがいいのか迷うほど数多くのドッグフードがあり、迷ってしまいました。
そこで店員の方にどれが良いか聞いてみることにしました。

我が家のトイプードルは、退色以外にも涙やけが気になっていたのでそういったこともふまえておすすめされたのが、ペットカインドのグリーントライプシリーズでした。
ペットカインドのドライフードは、カナダ食品検査庁が認めた最高品質のものを使用していて、大豆やトウモロコシ、小麦などの穀類は使用していません。
また、草食動物の胃であるグリーントライプが含まれているので、犬にとって肉だけでは補えない栄養素を摂取することができ、犬本来の食性に近づけることができるようになっています。

正直、グリーントライプという言葉自体初めて聞いたので、草食動物の胃がどうして必要なのかと思っていましたが、店員の方の説明を聞いて納得できました。
そのときサンプルでグリーントライプ&バイソンをもらって、試しに愛犬に食べさせてみたところ、今までのドッグフードに比べ食いつきもよく、あっという間にたいらげてしまいました。

ペットカインドのグリーントライプ&バイソンは、それまで購入していたフードに比べると少し割高になりましたが、愛犬の健康のことを考えると安心安全なものを与えてあげたいので、試してみることにしました。
フードを変えてから最初はそれほど劇的な効果はありませんでしたが、涙の量も減り涙やけもかなり軽減していきました。
気になっていた退色は少し落ち着いたような気もしますが、これは愛犬の個性なのだと思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー