Hagoromo 国産 無一物パウチ 鶏むね肉の口コミ評価!悪い点はここ!

Hagoromo 国産 無一物パウチ 鶏むね肉の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

Hagoromo 国産 無一物パウチ 鶏むね肉ってどんな商品?

猫用のウェットフード(副食)です。原材料は鶏むね肉と水だけで、素材本来の旨味が味わえるようになっています。食品添加物や飼料添加物が加えられていないので、飼い猫にも安心・安全なものを食べさせたいという方にオススメです。

味は鶏むね肉の他に、まぐろ・かつお・真鯛・鱈などがあり、毎日味を変えて与えることも出来ます。飽きやすい猫にもピッタリです。鶏むね肉・真鯛・鱈の内容量は1袋40g、かつお・まぐろは1袋に50g入っています。一袋を朝・晩で分けて与えるとちょうど良い量です。

購入するきっかけ!

飼い猫にドライフードを与えていたのですが、飽きてきたのかドライフードへの食いつきが悪くなってきたので、間食用としてウェットフードを探していました。様々な商品がある中で、食品添加物があまり含まれていない食べ物を与えたいと思い、探したのがきっかけです。

原材料が水と素材だけで出来ていて、国内で生産しているとのことなので、安心して与えることが出来ます。心配していた食いつき具合も全く問題なく、パウチを猫たちに見せた瞬間に「早く食べたい」とせがんできます、我が家のウェットフードとして完全に定着しました。

ここがオススメ!口コミ評価!

無一物の原材料は素材と水だけ、食品添加物を一切加えずに国内で生産されているとのことなので、パウチを開けた瞬間素材本来の香りがします。以前合わないフードを与えて下痢になってしまったことがあるのですが、無一物に関しては全く問題なく与え続けられています。

かつお・まぐろ・鶏むね肉・真鯛・鱈など商品のラインナップも豊富で、猫が飽きないように味を変えて与えることができます。どの味も食いつきが良く、特に魚の素材のものは喜んで食べてくれます。

ここはいまいち!デメリット!

素材がゴロゴロと入っているので、与える前に少しほぐしたりしたほうが良いような気がします(食べやすいように)。またパウチから出した時に汁が飛びやすいので、慎重に開けなくてはいけないところ、パウチの隅に残っているフードが取り出しにくいところに煩わしさを感じます。

国内生産で食品添加物も一切使っていないということなので、他のウェットフードに比べて若干値段が高めです。かつお・まぐろ・鶏むね肉の3種に関しては同じ値段なのですが、真鯛・鱈となると更に値段が上がるので、この2種に関してはあまり多用できないかなと思いました。

口コミレビューまとめ!

飼い猫に安心安全なフードを与えたいと思うなら、無一物は本当にオススメです。パウチを開封した瞬間に素材本来の香りがするので、余分なものは加えられていないと信じることができます。

パウチを開けた時に汁が飛び散りやすかったり、パウチの隅に残ったフードを取り出しにくかったりといった煩わしさはありますが、慎重に開封してお箸を使って隅を掻き出せば問題なく出すことが出来ます。

真鯛・鱈は他の3種に比べて少し値段が上がるので週に一回のご褒美として、日々の食事にはかつお・まぐろ・鶏むね肉を活用すると、猫たちも飽きないで食べてくれます。

関連記事

検索

カテゴリー