【ペットオーラルケア Pet-Cool Breath Care】歯磨きが苦手なワンちゃんにおすすめ なめさせるだけのスプレータイプの歯磨き

ワンちゃんにも大切な歯のケアは、若いうちから気をつけてあげたいものでもあります。

ワンちゃんも歯のケアをしないと歯周病になってしまうこともあり、歯周病は進んでしまうとひどい場合にはワンちゃんの健康にも影響があるそうです。

ワンちゃんの歯周病は心臓病を引き起こす要因にもなるそうなので、「まだ若いから」と放っておくのではなく、若いうちから歯磨きをしてあげる習慣が大切です。

ワンちゃん用の歯磨きには歯ブラシで歯磨きをする他にも、スプレータイプの歯磨きがあり、なめさせるだけで歯磨き効果がある歯磨きグッズがあります。

慣れない間は手に吹き付けてなめさせて、慣れてきたら口の中に直接スプレーしてあげるようになっているので、慣れていないワンちゃんでも簡単に負担なく歯磨きができるのでおすすめです。

 

歯ブラシで歯磨きができるときは歯ブラシで

ワンちゃんの歯磨きはできるだけ歯ブラシで歯磨きをしてあげたいですが、歯磨きに慣れていないワンちゃんは歯ブラシを噛んでしまって、すぐにダメになってしまうことも多いです。

またワンちゃんの歯磨きはペット用の歯ブラシだけでなく、子ども用のヘッドが小さい歯ブラシでも代用できるので、ワンちゃんが噛んですぐにダメにしてしまうときは、子ども用の歯ブラシをいくつかストックしておくと安心です。

歯ブラシでの歯磨きもスプレータイプの歯磨きと一緒に使うと歯磨き効果もアップするので、歯ブラシが使えるときはスプレータイプの歯磨きも是非一緒に使いたいです。

口を触られても嫌がらないようにしておく

 

 

ワンちゃんが大きくなってから急に歯磨きをしようと口を開けても、なかなか歯磨きをさせてくれなくて苦労している方も多いと思います。

また口周りを触られることに慣れていても、歯ブラシを入れられるのが嫌な場合は歯磨きをさせてくれないということもあるので、口周りを触られること、歯ブラシを口に入れることに慣れておくと、歯ブラシを使って歯磨きをするときスムーズに歯磨きをすることができます。

そのためにはできるだけ若いうちから歯磨きの習慣をつけておくことが大切です。

シニア期は歯が弱くなってくるのでお口のケアを大切に

ワンちゃんが年を重ねると、人間と同じように歯が弱くなったり、歯周病になりやすくなるといわれています。

 

歯周病は進行していくとワンちゃんの体にも大きな負担になるので、若いうちから歯磨きの習慣をつけて、シニア期にはこまめに歯磨きをしてあげることが大切です。

また、歯ブラシを使っての歯磨きが負担になる場合は、ガーゼで簡単に拭き上げたり、スプレータイプのなめさせるだけの歯磨きがとても役立ちます。

歯ブラシが使えないときも安心 スプレータイプの歯磨き

 

 

歯ブラシが使えないワンちゃん、歯磨きを嫌がるワンちゃんにとってとてもお役立ちなアイテムが「スプレータイプの歯磨き」です。

ワンちゃんの歯磨きやデンタルケアに注目されていることもあり、スプレータイプの歯磨きもいろんな種類がありますが、スプレータイプの歯磨きに多いのが乳酸菌の成分が含まれたものや、オリゴ糖の成分が含まれたものなど、安心して使えるタイプのものが多いです。

Pet-Cool Breath Careは2つのオリゴ糖が配合されていて、ワンちゃんも美味しく歯磨きができます。

また天然素材・食品素材でできているので、シニア期のワンちゃんでも安心して使えるところもいいです。

歯垢・歯石・口臭ケアにも

スプレータイプの歯磨きには、歯磨き効果のほかにも、歯石、口臭ケアにも役立ちます。

歯石が気になるときは、歯ブラシやガーゼで軽くこすってあげると、歯石のケアもできます。

また、ワンちゃんの口臭が気になるときにも、スプレータイプの歯磨きをしてあげると口臭を抑える効果もあるので、口臭ケアにも役立ちます。

シニア期になるとワンちゃんの口臭が気になる・・・という方も多いと思うので、シニア期のワンちゃんの口臭ケアにもおすすめです。

関連記事

検索

カテゴリー