【be Natural アレルカット】愛犬に与えるフードは高いのが良い物?

そのフード本当に安心ですか?

どんな飼い主さんも愛犬には元気で長生きして欲しいと思いますよね。
そんな愛犬の元気の素は何といっても食事です。もちろん適度な運動や飼い主さんとのスキンシップもとっても大切です。

しかし、ワンちゃんの体を作っているのは毎日食べるものです。それでは、ワンちゃんのフードは高いお金をかければ良いのでしょうか?高いフードは良い物なのでしょうか?

どんなに高いフードでもワンちゃんの体に合ったものででなければ、それは飼い主の自己満足にすぎません。

我が家では愛犬を飼い始めた頃から、アレルギーを気にして魚や米を原料とした低アレルゲンフードを与えていました。低アレルゲン、アレルゲンフリーといった言葉に惑わされていたのかもしれません。

もちろん、愛犬の健康を願って与えていました。しかし、成長するにつれて湿疹が出始めたり、顔の周りを痒がるようになりました。1番ひどい時は毛が抜け落ちてハゲてしまう程、掻きまくっていました。

低アレルゲンフードを与えていましたのでアレルギーなんて言葉はよぎりもしませんでしたが、動物病院での検査の結果はアレルギー陽性反応あり。

しかも、与えていた魚と米に対して強く反応がでていました。愛犬の健康を考えて与えていたはずのフードが、まさか愛犬を苦しめていたのです。

しかし、市販の低アレルゲンフードは原料が魚というのが多く小麦の代わりに米が入っているものばかり。

病院で処方されるフードは有名ブランドですがお値段が高く、ずっと続けていくのは厳しく断念せざるを得ませんでした。

高いから良いとは限らない

病院から処方される高いブランドフードを与えながら、同じような原材料を使っているフードを探しました。

獣医さんから許可が出ていた原材料はカンガルー、ワニ、ライ麦です。
こんな素材を使ったフードなんて、なかなか見つかりません。そんな時に出会ったのが、be Natural のアレルカットです。

この商品は愛犬に許可の出ていた原材料、カンガルーとライ麦を主に使用しているのです。

しかも金額は高いブランドフードの半額程です。思わず飛びつき購入しました。どんなに、素材が合っていても愛犬の食いつきが悪ければ元も子もありません。

どきどきしなが与えると、ペロッと完食。おかわりまで要求してきました。

改めて調べてみると、be Naturalのアレルカットはヒューマングレードの素材を使用。つまり人間が美味しく食べられる物だけを使用していました。

そして、合成保存料、着色料などの化学物質は一切使用していません。
また原材料には野生のカンガルーを使うなど抗生物質や成長ホルモンの危険も考慮している事が分かりました。

価格に文句なし、素材に文句なし、食いつきに文句なしとくれば与えないわけにはいきません。そんなわけで、愛犬にぴったりのフードを見つけ与え始めて数年が経ちました。

今ではアレルギーも姿をひそめ、健康な体を取り戻しました。これまでは、アレルギーを気にして与えるオヤツなどにも神経質になっていました。

しかし体調が落ち着いた今ではアレルギー反応のあった魚や米を食べても、湿疹なども出なくなりました。もちろんアレルギーが出ては可哀想なので、魚や米は極力与えません。

しかし飼い主が神経質にオヤツを選ばなくても大丈夫なほどに復活しました。

もともと愛犬の為を思って与え始めた低アレルゲンフードが、まさか愛犬のアレル物質になるなんて夢にも思いませんでした。

そんな経験から低アレルゲンやアレルゲンフリーといった言葉に惑わされず、本当に愛犬に合った素材を選ぶ事の大切さ。

そして、高いから良い物と信じて与えるのではなく、素材が育つ環境や使用する添加物等までを考えた愛犬が健康でいられるフードを見つけることが大事だと感じました。

飼い主なら誰でも愛犬には1日でも長く元気でいてもらいたいですものね。

関連記事

検索

カテゴリー