ヒルトン小田原リゾート&スパにペットと泊まる!

 

ヒルトン小田原リゾート&スパってペット可って聞いたけど、実際どうなの?と思われている方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

実際に泊まってこられた方から、お話を伺ってみました!

他のホームページより、実際の写真が多く載せて頂いているので、気になっている方はぜひご覧くださいね!

 


ポメラニアンを飼っています。

ヒルトン小田原リゾート&スパがペットと一緒に泊まれると聞いていたのですが、

なかなか行く機会がなかったのですが、とうとう泊まってきました!

ヒルトン小田原リゾート&スパでは、本館の他にコテージがあり、

コテージのみペットの宿泊が可能となっています。

またドッグランもあり、本館とコテージの間にあるバーベキュースタイルのレストランはペット可のようです。

(レストランにはいけませんでしたが、、)

ヒルトン小田原リゾート&スパには陶芸教室もあり、犬と一緒に陶芸もできるみたいです!

しかも肉球の足跡をつけた陶芸の作品がつくれるみたいですよ!

(陶芸教室もお休みのため、参加できずで無念です。。)

それでは実際に泊まった際の体験談をご紹介させて頂きます。

まずは愛犬と車に乗ってヒルトン小田原リゾート&スパ

1452302452397

ヒルトン小田原リゾート&スパに到着しました!

ホテルの外観です。

(実際には泊まった翌日に写真をとりました。)

DSC_0290

まずはチェックインですが、

ロビーはゲージなどに入れていれば、一緒に中に入ることは可能とのこと!

予約時に聞いていた予防接種の証明書と狂犬病注射の証明書、ペットの宿泊の同意書を提出する以外は通常のチェックインと同様です。

コテージが本館より少し離れた位置にあるので、本館からコテージの近くの第2駐車場へ!

車を止めると、カートが待っていてくれて、荷物を乗せて、コテージまで!

(カートの写真を撮り損ねてしまいました…)

 

いざコテージへ!

コテージの外観です!

DSC_0303

1452302424161

コテージは二階建てになっていて、2階が入り口です!

2階に入ると、ゲージやキッチンがあり、ウエットシートやトイレシート、餌入れ、水入れも備え付けです!

ドッグフードは持参する必要がありますね!

1452302446185

 

一階はペットの立ち入りは禁止で、ベッドルームと和室になっています。

泊まったところは、シングルベッドが二つあり、和室には布団もありましたので、家族でも楽しめます。

2階から降りる階段です。

DSC_0212(2)

1階の和室

1452302441215

1階のベッド

1452302444485

 

うちの犬は初めて来た場所に少し戸惑っていましたが、夜はぐっすり寝ていたようです!

 

翌日はいざドッグランへ!

コテージからドッグランまでは、ペット可能なゾーンですので、

歩いてドッグランに!

ドッグランまでは5分もかからない場所にあります。

(コテージの場所によってはもっと近いと思います。)

ドッグランはベンチが一つあって、芝生です!

DSC_0298DSC_0300

 

犬のことを中心に書いてきましたが、

飼い主さんも非常に楽しめると思います!

 

本館には天然温泉があり、温泉も楽しめます!

コテージにはひのきのお風呂が付いています。

1452302461062

コテージにもネスカフェが置いてあり、非常に美味しいコーヒーを飲むことができます。

DSC_0215

スパの名前の通り、スパも当然ありますし、アクティビティもゴルフの打ちっ放しのような施設や卓球、バドミントン、テニス、パターゴルフもあります!

食事に関しても、ヒルトンはバイキングに力を入れている(?)と聞いていた通り、通常のバイキング以外にもしらすやいくらを乗せ放題の海鮮丼バイキングに非常に大興奮でした。

DSC_0278

 

ヒルトン小田原リゾート&スパの周辺もペットと一緒に楽しめる芦ノ湖や小田原フラワーガーデンもあるので、楽しめるところがあります。

(泊まった際は芦ノ湖の周辺を散策してきました。)

 

ヒルトン小田原リゾート&スパにペットと初めて泊まってきましたが、ペットに必要なものが備え付けで揃っており、ドッグランなどペットも楽しめる場所もあり、飼い主側も天然温泉につかり、美味しいものを食べ、ペットと一緒にいい思い出を作ることができて、非常に満足しています。

ぜひまた行きたいと思っています。


 

泊まられた方は非常に満足されているようですね。

また、犬と一緒に泊まることのできる条件が決まっているようですので、

以下のページで確認してから、予約してみてくださいね!

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー