愛犬の健康を考えたドッグフード 「ペットカインド グリーントライプ」

ドッグフードと一言でいっても、現在ではさまざまな種類のものが販売されています。どれを選べばよいかわからないほど、多くの種類があるドッグフードですが、愛犬に適したものを選ぶことが大切です。

ドッグフードのタイプ

ドッグフードのタイプには、ドライフード、ソフトドライフード、セミモイストフード、ウェットフードがあります。

ドライフード

ドライフードはもっとも一般的なドッグフードで、製品が含んでいる水分が、10%以下のものをいいます。水分が少ないため、開封後も保存期間が長く、歯に歯石がつきにくいというメリットもあります。

ソフトドライフード

ソフトドライフードは、製品の水分含有量が25~35%のもので、しっとりしているのが特徴です。ただ、水分が多いためカビが生えないように保存方法には注意が必要です。

セミモイストフード

セミモイストフードは、ソフトドライフードと同様に、25~35%の水分含有量のドッグフードで、放置していると硬くなってしまうため、保存には注意が必要です。

ウェットフード

ウェットフードは、水分含有量が75%のもので、缶詰やアルミトレー、レトルトパウチに詰められています。
開封後は傷みやすいため、なるべく早く使い切ることが大切です。

ペットカインドのオススメポイント!

ペットカインドは、グリーントライプを専門とした製品を展開するカナダの会社で、新鮮はカナダの原材料を中心につくられています。

グリーントライブを使っている!

グリーントライプとは、草食動物の胃のことで、オメガ3&6やミネラルを豊富に含んだ食材で、肉だけでは補えない栄養素を、草食動物の胃であるトライプから摂取することで、犬本来の食性に近づけることができるとして、近年注目されています。

ペットカインドは、第一主原料にグリーントライプを使用し、最良質な原材料だけを使用しているのが特徴です。また、小麦やトウモロコシ、大豆、ポテトは使っていないので、アレルギーにも配慮して作られています。

また、近年の小粒なドライフードが多い中、ペットカインドのドライフードは粒が大きめになっています。これは愛犬がしっかりと噛むことができ、大きめの粒で歯の健康を保つことができます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー