マルカンほっとうさ暖もこもこマットMR-828の口コミ評価!悪い点はここ!

マルカンほっとうさ暖もこもこマットMR-828の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

マルカンほっとうさ暖もこもこマットMR-828ってどんな商品?

うさぎ用のマットです。商品名に「暖」と入っていますが、熱源は使用しません。
床からの冷えをマットが遮断し、ペーッとの体温によってカーボンが温まり、表面のボアが保温します。
ペット自身がマットに接触することにより体温で温まるので、体温以上にはなりません。
手洗い可能なので、汚れた時は洗って繰り返し使えます。
必要な大きさ分だけ切って使用することもできるので、ケージだけでなく、キャリーの床に敷くこともできます。

購入するきっかけ!

ウサギが高齢になり、膀胱炎などで動物病院にお世話になる機会も増えました。冬になり、動物病院の先生から、冬の寒さには特に気を付けてあげてくださいと言われたのがきっかけです。おなかが冷えると、下痢の原因になりますし、ちょっとした体調不良が命取りになるほどの高齢です。先生からは、熱源を使った商品を勧められましたが、留守中の火事が不安で、できれば熱源を使わないものをとさがしていたところ、ペットショップでこのマットを見つけました。

ここがオススメ!口コミ評価!

購入前に触ってみましたが、少し触れていただけで、まるでホットカーペットのように暖かいです。人間用にも、表面のボアをもっと良い素材にして座布団などとして販売してほしいくらいです。これなら寒い冬も、快適に過ごせると思い、ケージの中に敷いてみたところ、ウサギも大喜びでずっとマットの上で過ごすようになりました。一応、エアコンも入れて部屋の温度は下がりすぎないようにしていますが、明け方などの冷え込みにはマットを敷いていることで安心感があります。

ここはいまいち!デメリット!

ウサギも大喜びで使っていたマットですが、実は使用から2か月ほどで足の裏の毛が抜けてきてしまい、治療が必要な状態になりました。動物病院では毛の抜けている部位から推測して、動いている時ではなく静止している時に原因があると言われ、敷物を変えませんでしたか?と聞かれました。このマットを大喜びで使っていることを伝えると、使用を控えるか、もしくは上にさらに藁を敷いた方がよいといわれました。マットは暖かいけれど、うさぎの足には藁が一番良いそうです。

口コミレビューまとめ!

インターネット上でも、この商品そのものの評価は良いようですし、ウサギも喜んで使っていました。何より、購入した私自身も触り心地、暖かさを確認しているので、とても良い商品だとは思います。ただ、ウサギによっては足に負担がかかる可能性もあるかもしれないということで、注意して使った方がよいと思いました。フカフカのクッションの上に常にいるというのは、野生のウサギでは考えられないことなので、快適さと本来の生体に合うものは別なのかもしれません。

関連記事

検索

カテゴリー