ShedSlicker Pako シェッドスリッカー パコ Sサイズの口コミ評価!悪い点はここ!

ShedSlicker Pako シェッドスリッカー パコ Sサイズの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

ShedSlicker Pako シェッドスリッカー パコ Sサイズってどんな商品?

ペットをブラッシングするときに使うスリッカーブラシです。ブラッシング後に取れた毛を何回も手でブラシからとる手間をブラシのヘッド部分にあるボタンを押して一瞬で終わらせてしまうというものです。小型犬・猫用のSサイズと中・大型犬用のMサイズの二つあります。カラーは紫色です。ヘッド部分はSサイズ:77×50mm、Mサイズ:100×60mmです。ブラシのピンはステンレス製で本体はポリプロピレン、合成ゴムでできています。

購入するきっかけ!

家でトイプードルを飼っていて巻き毛のためブラッシングを怠ると毛玉になって大変です。またブラッシング後のふわふわもこもこした愛犬をみるのが何げに楽しいので毎日のブラッシングは欠かせません。ペット用品のコーナーでたまたまこの商品が目にとまってすでに家にスッリカーブラシ(手でブラッシング後の毛をおとすタイプ)はあったのですがいつもまあまあ面倒だったので1回で毛がとれるのはどんなものなんだろうと興味半分、実用性の期待半分で購入しました。

ここがオススメ!口コミ評価!

購入したのはSサイズ、小型犬用で2種類のうちの小さい方ですがブラシのヘッドが77×50mmと小型犬の体に対して1、2回のブラッシングで済むくらいの大きさであるため適度な大きさで使いやすいです。持つ部分の端に穴があいていて紐などをつけて収納が簡単、なくしやすいようになっているところも小さな点ですが嬉しいです。また持つ部分の力をいれるところにグリップが付いていて滑りにくく力が最小限で済んで安心感があります。

ここはいまいち!デメリット!

ボタンを押して毛を落とすタイプなので手で毛を落とすタイプより少し複雑な作りになっています。そういった部分に汚れがこびりつくほどのよごれが溜まることがあれば少し手間取りそうです。一番気になるのはヘッドのボタンによって毛を押し出す部分の下、ブラシのピンの根元です。あとはヘッド部分についているボタンのバネの部分が突き抜けのようになっていたりボタンの部分に小さい穴が2つついています。とはいえブラシ部分のピンはステンレス製で本体もポリプロピレンなので軽い汚れなら水洗いで簡単そうです。

口コミレビューまとめ!

今までの普通のスリッカーブラシだと毛を無理にとろうとして金属のピンが指に刺さって痛い思いをしたり、いつも毛がブラシに少し残ってすっきりとれてくれないのでもやもやしていました。この商品でブラシにひっかかった毛をちょこちょこ取らないといけない煩わしい時間が一瞬で綺麗になる少し楽しい時間になりました。素材もステンレスで水や汗に強いですし使いやすいような配慮が何ヵ所かされていて全体的にしっかりとした作りだと思いました。

関連記事

検索

カテゴリー