ひかりベルツノの口コミ評価!悪い点はここ!

ひかりベルツノの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

 

ひかりベルツノってどんな商品?


ツノガエル専用の固形人工飼料です。ピンセットなどに餌を挟んで、数秒水に浸すとモチモチとした物質に変化し、そのまま給餌できます。手が汚れることなく誰でも簡単に給餌をすることが出来ます。

ツノガエルに必要な栄養素がすべて含まれているので、ベビー期から大人まで餌の量を調節するだけで、ずっと同じ餌でまかなえます。大人になり、たくさんの餌を食べるようになって数粒一度に給餌したいときは、粒を水に浸し2粒を密着させることが出来るのでとても便利です。

 

購入するきっかけ!

以前は粉末状のツノガエルの餌を使用していましたが、粉末タイプの餌はまず粉末に水を加えて練って、団子状にしてから給餌するため時間と手間がかかっていました。また、粉末タイプは袋を開けた時に粉が飛び散ってしまうことがあったり、指で練るので指に匂いが付くという問題点がありました。

そこで、ほかのタイプの餌がないか調べたところ、ひかりベルツノという固形型の餌があることを知り、それから使用するようになりました。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

なによりも、手が汚れず簡単に給餌ができる点です。ツノガエルの餌はあまり種類がなく、メダカや金魚、コオロギ、ピンクマウスなどを餌にしている飼い主さんもたくさんいます。私は生き餌は絶対にNGなので、固形のツノガエル専用の餌があることは本当に助かります。

また、生き餌だと栄養に偏りが出てツノガエルの成長によくないのですが、ひかりベルツノにはツノガエルに必要な栄養がすべて含まれているので成長の面でもとても安心して使用できています。

 

ここはいまいち!デメリット!

商品の容量が少ないかなと感じます。40g入りですが、大人になると一度の給餌でたくさん食べるので、1袋すぐに終わってしまいます。また、袋が柔らかいので、中の餌が欠けていたり折れているものがみられます。

数本単位で餌をあげているので、餌が折れているとその欠片を探してくっつけて・・・という作業が必要になるため少し面倒です。頑丈な箱で売ってくれればそのようなことはないのにと思います。さらに、餌を水に3秒以上浸してしまうと、ピンセットで挟めないくらいボロボロになってしまう点も少し不便に感じます。

 

口コミレビューまとめ!

良い評価がほとんどです。手が汚れず、水に浸すだけで簡単に給餌できるので、今まで生き餌や練り餌を使用していた人もひかりベルツノへ変更し、もっと早くにこの商品と出会っていたかったと評価しています。

悪い評価は水に浸しすぎるとボロボロで使えなくなってしまうというものや、ひかりベルツノにしたら餌を食べなくなったという評価が多かったですが、ツノガエルにも個体差があるので餌を食べなくなったのはそのツノガエルのお口には合わなかっただけと考えられます。

 

関連記事

検索

カテゴリー