ペットタグQRコード迷子札の口コミ評価!悪い点はここ!

ペットタグQRコード迷子札の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

 

ペットタグQRコード迷子札ってどんな商品?

QRコードが札にしっかり彫刻されている迷子札。プリントではなく、ハンコ屋さんが一つ一つ丁寧に彫刻しているので、破損や擦れで読み取れなくなる心配ない商品。携帯電話で誰でも読み取り可能でした。

名前や連絡先が一目で視認できないから、プライバシーも保護されています。サイズも大、中、小の3種類。材質はチタンとステンレスの2種類。日本製で、次の情報を保持出来ました。ペット名、住所、電話番号、性格、犬種、飼主名、生年月日、備考(25文字)。

 

購入するきっかけ!

実家の犬が首輪を外して逃げたが、3日後に5キロ先の隣の市で発見され、その近所の知り合いからの連絡で連れ帰ることが出来た。しかし今後知り合いが常に居るとは限らないので迷子札の購入を検討した。犬が噛んでも消えない。

チョットやそっとじゃ壊れないというふれ込み通り丈夫でした。メタルなのでソコソコ目立ちますし、デザインも悪くないと言うのも良かった所です。母親も値段はするが大切な愛犬の為と出費を惜しみませんでした。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

ハンコ屋さんが刻印する為、とても丈夫でした。QRコードなので個人情報が一見しただけでは分からない所も良かったです。QRコードはバーコードなどとは異なり、かなりの文字情報を保持出来るみたいで、1つの刻印で沢山の情報を保持してくれました。

刻印内容はペット名、住所、電話番号、性格、犬種、飼主名、生年月日、備考(25文字)などかなりの文字数を保持させることができます。材質もステンレス、チタンの2種類でした。

 

ここはいまいち!デメリット!

価格が高い。注文から届くまでに1ヶ月以上掛かりました。刻印など機械化して大量生産出来れば、もっとお値打ちになるのではないか?と感じます。

ステンレス、チタンの2種類を用意するのは賛成ですが、その価格差が大き過ぎると思いました。大きさなんて、ほんの2、3センチ四方なのに。価格に対する対応が叶えばもっとたくさん売れると思いました。

企業努力をもう少し発揮してもらえれば達成できそうな内容なのに惜しいとおもいます。

 

口コミレビューまとめ!

圧倒的に値段に対することが評価を二分させていると思いました。一方で刻印が消えないことに関しては、犬の場合、ドロドロの場所や激しい動きにより割れたり削れたりして破損することが多いのですがその心配は一切ないところに対する良いという評価も多数を占めていました。

商品企画的には飼い主の過去の経験に基づく商品との評価も多く愛犬家の間で広まっている評価が多く見受けられました。猫にも対応しているようですが猫より犬の方が多く購入されているようでした。

 

関連記事

検索

カテゴリー