DoggyMan おるすばん食器の口コミ評価!悪い点はここ!

DoggyMan おるすばん食器の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

DoggyMan おるすばん食器ってどんな商品?

長時間、家を留守にする時の餌の心配に自分が餌をあげたい時間に自動で蓋が開いて餌を食べる事が出来ます。電池使用のタイマーをセット一目盛りは2時間、最大48時間までOKです。夏などは食器の下に市販の保冷剤を入れることも可能ですがドライフードまたはセミモイストフード(ジャーキーなど)のみでウエットフードや水・ミルクなどは使用できません。何回使用しても食器は取り外して洗うこともできるので衛生面では心配いりません。

購入するきっかけ!

犬を飼い始めてから初めてのお正月の時、毎年恒例のあいさつまわりに従兄の家へ行く際、ペットの犬を連れて行こうとしたら犬アレルギーだと言われてしまいあいさつに行かないわけにもいかず留守番させなくてはいけなくなってしまいました。一日2食餌をあげていたので夜の分の1食をどうしようか迷っていた時に時間が来たら餌を食べさせられる商品はないか探していたら「おるすばん食器」をネットで見つけて購入することにしました。

ここがオススメ!口コミ評価!

時間が来ると自動で蓋が開いて餌を食べられることはもちろん、タイマーは一目盛り2時間で最大48時間までセットが出来るので1日近く留守にしても心配いりません。また電池使用(単3形アルカリ電池1本)のコードレスなのでコンパクトで場所をとらないからとても便利。食器も取り外しができ衛生面でも心配ないし夏の時も食器の下に市販の保冷剤が入るスペースがあるので安心です。本体の下には滑り止めも付いているのでずれずに食べやすいです。

ここはいまいち!デメリット!

時間が来ると自動で開いてえさが食べられるのは良いのですが一回限りの使用になってしまうのが残念。なので一日の留守番は心配ないのですが一日半や二日留守にしたい場合には同じ物をもう一つ用意しないといけないので不向きです。またコンパクトなせいもあり本体が動いたり逆さまになってしまうこともあります。逆さまになっても蓋が開いてしまうことはないのですが時間になって自動で蓋が開いたときは餌が散らばってしまう事もあるのでいたずらなペットには不向きかもしれません。

口コミレビューまとめ!

自動で餌を食べる事ができてコードレスでコンパクト単3形アルカリ乾電池1本と使いやすく食器も本体から取り外し可能で手入れがしやすく保冷剤もセットすることができるので季節を問わず使用することができます。ウエットフードの使用はできませんがドライフードの方にはとても便利だと思います。何より値段がお手頃なのが一番の良いところです。それほど頻繁に使うものではないのでこれだけの機能がありこの値段なら十分だと思います。

関連記事

検索

カテゴリー