アイリスオーヤマ ペット用自動給餌器 アイボリー JQ-350の口コミ評価!悪い点はここ!

アイリスオーヤマ ペット用自動給餌器 アイボリー JQ-350の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

アイリスオーヤマ ペット用自動給餌器 アイボリー JQ-350ってどんな商品?

ペットフードと水の両方がセットできる犬猫兼用の給餌・給水器です。フードや水が少なくなるとそれぞれの自重で自然に落ちてくる仕組みです。水は市販の空のペットボトルに入れてセットします。

使用できるのは外径28mmのペットボトルで、口のリングを取り除いてセットします。フードのタンクには1.5kgまでのドライフードが入れられます。材質はポリプロピレンで、製品サイズは幅35cm×奥行27.5cm×高さ34.7cmです。

購入するきっかけ!

猫を一匹飼っているのですが、それまで、2泊3日までの外出であれば、普通のお皿に多めに水とフードを入れておけば食べたい時に適量を食べるので問題ありませんでした。

この時どうしても3泊しなければならない予定ができ、しかも夏だったので、水が傷むことが心配で新しく給水器を購入しようと思いしました。また、猫が高齢になり、餌をあるだけ食べ過ぎるようになってきたこともあり、水とフードの両方をセットできる商品に決めました。

ここがオススメ!口コミ評価!

水は空のペットボトルに必要な量を入れてセットするだけだし、フードもザーッと入れておくだけなので簡単です。電動ではなく自重で自然に落ちてくる仕組みなので、停電やコンセントが抜けたらという心配をしなくて良いので安心です。

しかも洗いやすくてお手入れも楽です。サイズはそこそこ大きくて少し場所を取りますが、フードがたっぷり入れられるのでむしろ良かったです。また、しょっちゅう使用するものではないので、金額がかなり安いのも良かったです。

ここはいまいち!デメリット!

水を入れるペットボトルを事前に用意しなければならないので、わざわざ2リットルのミネラルウォーターを買いました。普段買う習慣がないので、少し面倒くさかったです。

フードは、粒が大きいものは落ちてきにくく、粒が小さいものは出てきすぎるので、調節が少し難しいです。また、食べれば食べるほど上から落ちてくるので、結局どんどん食べてしまい、帰ってきたら空っぽになっていることが多かったです。あるだけ食べちゃう子の場合はあまり意味がないかもしれません。

口コミレビューまとめ!

猫一匹で3日程度のお留守番であれば十分使える商品です。使い方やお手入れが簡単で、忙しいお出掛けの時にもサッとセットできます。電気を使わないので、故障や停電等のトラブルの心配もなく、安心してお留守番させられます。

注意点としては、ペットボトルを忘れずに用意しておくことと、フードによっては上手く落ちてこないことがあるので事前に試してみることくらいでしょうか。金額も安いので、手軽に使うにはちょうど良い商品だと思います。

関連記事

検索

カテゴリー