【NB dog soap】ワンちゃんにも無添加を!

飼い主やワンちゃんの皮膚トラブル

現在の日本は、3世帯に1世帯はペットを飼っているといわれています。その中でも一番飼われているペットは犬です。

 

ペットを飼ううえで、避けては通れないのが、ペットのお風呂。お風呂はいいけど、ペットを洗うと手がかゆくなる、洗っても臭い、乾くとフケが出る、、ごわごわする、抜け毛がひどい、発疹があるなどの悩みがある飼い主もワンちゃんも少なくないのではないでしょうか。

犬の肌は人間の瞼ほどの厚みしかないため、被毛で覆われているといいます。人間の肌でもトラブルだらけなのに、ワンちゃんの皮膚がそんなに薄ければトラブルも起きやすいでしょうと思ってしまいますよね。人間もペットも肌に敏感な時代になってきていますね。

 

無添加・無着色のドックソープ

そこで、おすすめするのが、ネットショップ「NB dog soap」の石鹸です。手がかゆくなる、抜け毛がひどいなどの様々なお悩みは、もしかすると、現在お使いになられているペット用シャンプーに含まれている添加物のせいかもしれません。犬用のシャンプーには様々な添加物が含まれているのをご存知ですか?界面活性剤や防腐剤など、たくさんの添加物が含まれています。

 

でも、「 NB dog soap」は原料に食用レベルのオイルを使用しており、無添加、無着色。ワンちゃんや飼い主に害のない天然のものをつかって作られているため安心。このドックソープは、シャンプーと比べると確かに泡立ちにくいのですが、その分さっぱりして、乾かすと毛がさらさらに。手荒れもなく、これには使ってみて驚きました。また、洗っているときや乾かしているときにする、犬特有の匂いがしないように感じました。

 

1個でどれくらいつかえるの?

汚れの具合や犬種、大きさにもよるようですが、説明書には一つの石鹸で小型犬なら、4回~5回と書いてあります。洗面器でスポンジ等で泡立ててから洗うのですが、実際、小型犬に使用してみたところ、1回の使用では全然減らないように感じました。7回~9回は使えそうです。

 

 

価格はいくらくらいなの?

色々なメーカーの無添加・無着色のシャンプーや、低刺激シャンプーなどが売られていますが、どれもこれも値段が高く手が出せないようなイメージがありませんか?しかし、NB dog soap の商品は、ほぼ全商品が1,000円以下で購入できる家計にやさしい商品なのです。

 

使用した石鹸は「ヒバsoap」という固形タイプの石鹸で、値段は送料別で¥500でした。固形タイプの石鹸がほとんどでが、半生タイプもあり、半生タイプであれば送料別¥620でした。半生タイプは固形タイプより泡立てやすく使いやすいためなのか、固形タイプの石鹸よりも、若干お値段が高めに設定されているようです。

 

種類はどれくらいあるの?

現在販売している石鹸は

  • カモミール
  • プレーン
  • ラベンダーヨーグルト
  • 青森ヒバ
  • 和石鹸
  • 竹炭石鹸(スワール)
  • 竹炭石鹸(マーブル)
  • お茶石鹸
  • アボカド

があります。 個人で販売しているため、種類や数量は多くないようで、売りきれの商品も出ているため、もし購入するのであればお早目に購入するのがいいでしょう。また、石鹸のほかに、犬用の肉球クリームも大・小と販売してます。

こちらは、ラベンダーの香りがし、伸びもよく、塗りやすく、なんといってもお風呂あがりに塗っておくと、肉球がつるつる・プルプルになります。

 

まとめ

これまで紹介したものは、ドックソープというカテゴリーの中のほんの一部の商品ですが、このように、最近では、人間と同様に皮膚にトラブルを抱えるワンちゃんもおおくなっており、それに対応した商品も多くなってきています。ペットショップに連れていき、シャンプー・トリミングをしてもらっている飼い主も多いかと思いますが、ご自分の愛犬に合ったドックソープを選んで、洗ってあげるのも、たまにはいいのではないでしょうか。

 

関連記事

検索

カテゴリー