アイリスオーヤマ ウッディサークル(幅120cm×奥80cm×高さ90cm)本体の口コミ評価!悪い点はここ!

アイリスオーヤマ ウッディサークル(幅120cm×奥80cm)本体の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

アイリスオーヤマ ウッディサークル(幅120cm×奥80cm)本体ってどんな商品?

白のワイヤー柵にお洒落な木目調のフレームで室内空間に良く馴染み、開閉もスライド扉で場所を取らず、掃除もサッと拭くだけで簡単に。材質のしっかりしたプラスティックトレーで床もしっかりガード出来ます。

私が購入したサークルは、幅120cm×奥80cm×高90cmとゆったり目のものを用意しました。その他のサイズは、幅120cm×奥66.5cm×奥高55.5cm、幅120cm×奥80cm×高71cmがあります。屋根も別途販売しています。

購入するきっかけ!

子供時代からの長年の夢であったミニチュアダックスの子犬を飼うことになり、まずは、トイレが出来るまでは、サークルの中でしつけなくてはとトイレトレーニングのためにおしっこシートと犬用ベッドも置けるサイズの幅120cm×奥80cm×高90cmのサークルにしました。

このサイズの失敗した点は、スペースにばかり配慮して、犬の背の低さを考慮しなかったため高90cmは高過ぎました。上から手を伸ばして触る時、ちょっと苦しかったです。

ここがオススメ!口コミ評価!

なんと言っても、冷たい感じのワイヤーだけのサークルではなく、暖かい木目調のフレームがリビングに置いても違和感なくとても気に入りました。また、組み立ても角と角を組み合わせ穴にピンを差し込むだけの簡単設計。

しっかりした材質の床トレーも粗相を片付けるのにとても楽でした。トイレトレーニングが完了した後は、サクッとピンを抜いてサークルを分解し、クローゼットの中に収納。一枚一枚が平らなので、上手く重ねれば場所も取らずいいですね。

ここはいまいち!デメリット!

組み立ても簡単で木目調のフレームもしっかりした床トレーも、全てが私のニーズに合った商品なので、ごめんなさい、デメリットを書くことは出来ません。私が購入したタイプは屋根なしだったので、夜、子犬が寝る時は大きめの毛布をサークル全体に掛けていました。

もし、屋根付きタイプのものを購入していれば、屋根の面にちゃんと毛布が掛けられて、ダラッっとたるんでしまうんじゃないかと心配はしないで済んだのかもしれないですね。

口コミレビューまとめ!

愛するミニチュアダックスとお気に入りのウッディサークルで無事トイレトレーニング完了。今は、クローゼットの中にばらしてしまってありますが、今後、もし2匹目のミニチュアダックスの子犬をお迎えした時には、また私の大好きな馴染みのあるウッディサークルをパッと組み立てて再登場です。

買い物ティップなのですが、止めピンに関しては、購入の際、万が一紛失した場合は部品のみで購入出来るか、販売店に確認を取られた方がいいと思います。

関連記事

検索

カテゴリー