SANKO ウェーブハウス Sの口コミ評価!悪い点はここ!

SANKO ウェーブハウス Sの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

 

SANKO ウェーブハウス Sってどんな商品?

松の木で作られた、小動物用の木製ハウスです。中は広々していて、ハムスターやリスの飼育などに使用できます。屋根が丸みのある形をしているため、中に隠れるだけでなく屋根にのぼったりして遊ぶ姿が見られます。

またハウスには床がなく、床材の上に直接置くことができるため、ハウスがおしっこ等で汚れづらい構造になっています。暑い日もハウスで快適に過ごせるよう、同社製品の冷感キューブや冷感アーチSを設置することも可能です。

 

購入するきっかけ!

ドワーフハムスターの飼育用に購入、使用しています。以前は他社の木製ハウスをケージに入れ使用していたのですが、ハムスターのおしっこやフン等でハウスの床が汚れてしまうことが多く、都度掃除したり熱湯消毒したりしていました。

結局ハウスを買い替えることになってしまうため、不便に感じていたところ、店頭でこの商品を見つけました。以前は正方形で屋根が外れるタイプの商品を利用していたのですが、このハウスは床がなく、手入れがしやすそうだと思い、購入しました。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

まずハウスの屋根が丸みを帯びていて、ケージに設置すると見た目がかわいらしいのがうれしいです。大きさもちょうどよく、ハムスターもすぐ気に入ってくれ、屋根に登ったり、ハウスに床材を運び込んだりと、楽しそうにしています。

また、何といっても床がなくて掃除しやすいのが一番うれしいポイントです。以前使用していたハウスは床が汚れやすく手入れが大変だったのですが、この商品は床がないためよこれが付着しづらく、衛生的です。木製ハウスなので、ハムスターがかじり木代わりに遊ぶことができるのもよかったです。

 

ここはいまいち!デメリット!

木で作られているため、商品によっては木材に節目やひびが入っていることがあります。一度、購入した後にハウスの入り口の穴のバリ?が取れておらず、木のトゲトゲがむき出しになっているのに気づいて、やすりで削ってから使用してことがありました。

ペットのけがの原因にもなりかねないため、購入前に商品の状態をよく確認してから購入するほうが良いかと思います。また、ハウスは主にボンドで固定されているようで、熱湯消毒する際は気を付けないとハウスの木材がはがれてきてしまいます。

 

口コミレビューまとめ!

ドワーフハムスターが使用するには十分な広さがあって、見た目も可愛らしく良い評価が多いです。またハウスに床がない点についても、ハウスが汚れづらく、掃除がしやすくて衛生的だと好評です。

またハウスの屋根はスロープのようになっていて、昇り降りして遊ぶこともでき、齧り木代わりに齧ったりと、巣箱として以外でもペットに楽しんでもらえます。一方で、製品によっては木材にひびが入っていたり、屋根に隙間があったりすることもあり、購入する際はよく確認する必要があります。

 

関連記事

検索

カテゴリー