歯垢トルトル プラケアシートの口コミ評価!悪い点はここ!

歯垢トルトル プラケアシートの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

 

歯垢トルトル プラケアシートってどんな商品?

ペットの歯磨き用シートです。基本的には、飼い主の指にシートを巻きつけペットの口内を指でゴシゴシと磨いてあげることができる歯磨きシートになります。

指で磨いてあげることで、細かく洗浄してあげることができるのではないでしょうか。また、シートの水分には「富士山」の水が使用されておりペットに安心して利用することができるとともに、研磨剤(炭酸Ca)が利用されており短時間でペットの歯を磨いてあげることができます。

 

購入するきっかけ!

私自身猫を飼っているのですが、猫の顔に鼻を近づけた際に猫の口臭が気になったのと、猫はよく歯周病やそのほか歯の病気にかかりやすいということを聞いたため、定期的に歯磨きをするようにしていました。

歯磨きをするにあたりブラシを使っていたのですが、奥歯を磨く香とするとブラシを噛んでしまいあまりうまく磨くことができていませんでした。

そのため、ブラシではなく私自身の指で磨いて上げたほうがブラシが口内に刺さり傷つけてしまうこともなくなると思い「歯垢トルトル プラケアシート」を購入しました。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

「歯垢トルトル プラケアシート」の良かった点は、ブラシを利用していた時よりも歯を細かく磨くことができ、また奥歯もしっかりと磨くことができるようになった点です。

以前までは、前歯に関しては外側のみで内側をあまり磨くことができませんでしたが、「歯垢トルトル プラケアシート」を利用してから歯の外側だけではなく内側も磨くことができるようになりました。

しかも外側の歯に関しては、ブラシの時は嫌がっていたのですが、「歯垢トルトル プラケアシート」では嫌がることなく大人しく磨かせてくれます。(奥歯や内側は相変わらず嫌がりますが。。。)

 

ここはいまいち!デメリット!

「歯垢トルトル プラケアシート」の悪かった点は、あまり力を入れてゴシゴシとすると口内を気づつけてしまう点です。

ブラシの利用でも気をつける点ではありますが、「歯垢トルトル プラケアシート」に関しては研磨剤が使われているため、あまり力を入れてゴシゴシと磨いてしまうと口内を気づつけてしまうと口内を傷つけてしまい血が出ます。

利用して間も無い時は、力加減がわからずよく口内を傷つけてしました。研磨剤を利用しているとは言っても通常のウェットシートと同じような柔らかさのため最初はゴシゴシと力を入れてしまっていました。

 

口コミレビューまとめ!

「歯垢トルトル プラケアシート」に関しては正直賛否両論のようです。私が飼っている猫に関しては特に問題なかったのですが、口コミ評価を見てみるとペット自体の体になんらかの影響があったりとペットによるようです。

その一方で、歯磨き習慣の無いペットに利用しやすいことやペットの口臭が臭わなくなったり、歯のゴミがしっかりと取れたりと良い評価をされている方々もいらっしゃいました。

ペットの体に何らかの影響があった場合は、すぐに利用をやめお医者さんに見せにいくのが良いと思います。

 

関連記事

検索

カテゴリー