最近犬のしつけでクリッカークリッカーって言葉を聞いたことがある方、いらっしゃいますか?

また、実際にクリッカーでしつけができるの?って方もいらっしゃると思います。

実際にクリッカーを使って、犬のしつけを行ってみました。

 

[su_service title="まずはクリッカーについて" icon="icon: arrow-circle-right" size="20"][/su_service]

クリッカーとは、手のひらに納まる大きさのボタンを押すとカチッとなるしつけの道具です。

あくまで、しつけの道具であって、音を合図に走ってこさせたりという道具ではない点に留意してください。

 

 

 

[su_service title="次にクリッカーの使い方です" icon="icon: arrow-circle-right" size="20"][/su_service]

クリッカーは、犬がきちんとしたときにカチッと音を鳴らします。

そのあとにご褒美を上げます。

 

これだけです!

 

できるようになったら、徐々にご褒美を減らしていきましょう!

 

クリッカーを使うポイントは、

きちんとできたときに、カチッと一回だけクリッカーを鳴らすということ!

初めはご褒美をきちんと一個あげること!

 

クリッカーを使ったしつけというのは、

人の声だと毎回声の大きさ、高さが違うので、犬が褒められても認識しづらいため、それを毎回一定の音でご褒美を与えることにより、褒められているという認識を与えることが大事です。

 

そのため、何回も鳴らしてしまうと犬がどの音で褒められているのかわからなくなってしまうので、一回だけカチッと押すようにしましょう。

また、初めは音がなっても褒められていると分からないので、ご褒美をあげるわけですね。

一回だけカチッと押して、ご褒美をあげる。

繰り返しできるようになったら、ご褒美を徐々に減らしていく。

この繰り返しで、音がなるのは、いいことだという認識を犬に与え、しつけをしていくわけですね。

 

[su_service title="実際に使ってみてクリッカーでしつけをしてみた結果" icon="icon: arrow-circle-right" size="20"][/su_service]

それでは、実際に愛犬にしつけトレーニングをしてみました。

うちの愛犬は最近散歩にいっても、

道の周りの臭いが気になって、全然ついてきてくれません。

 

そこで、クリッカーを使って、散歩にでることにしました。

 

ちゃんと主人について歩いてきたら、カチッとクリッカーで音を鳴らして、ご褒美をあげます。

道の周りが気になり、臭いを嗅いでいるときは、何もしません。

それを何日か繰り返すと、徐々に前よりついて歩いてきてくれるようになりました。

まだご褒美を完全に減らせてはいませんが、効果はあるようです。

また継続的に続けることもポイントの1つのような気がします。

実際にやってみて、クリッカーを鳴らす度にご褒美をあげるわけですので、小さめのものを選ぶのもポイントかと思います。

 

愛犬のしつけでお悩みの方、クリッカー自体はそんなに高価なものでもないので、試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします