犬の耳掃除で使いやすさとお値段がお手頃な商品って何かいい商品ってないのかな…
とお悩みの方にオススメ商品です。

「ビルバック ペッツケア イヤークリーナー」です。

クリーナー液をたっぷり耳の穴にたらした後にそのクリーナー液を拭くだけで簡単に耳掃除ができる商品です。

実際に使用されている方からお話を伺いました。


 

犬の耳は犬種によって、外に向いていたり先が折れていたり、耳全体が大きく垂れていたりと様々です。

通常、耳の掃除は汚れたらぬれティッシュや綿棒などで、優しく拭いてあげれば十分ですが、

アメリカンコッカースパニエルやキャバリア、ビーグルなどのように耳全体が大きく垂れていると、

風通しが悪い為に、外耳炎や耳漏などの耳の病気になりやすい犬種です。

トリミングやシャンプー時に中までシャワーを当てて洗って上げることが必要ですが、

身体全体を洗浄しすぎると、皮膚や被毛が乾燥してしまい皮膚病の原因にもなってしまいます。

耳が汚れている時や、1週間に何回と日にちを決めて手入れしてあげると良いでしょう。

その時は、濡れたガーゼや専用の綿棒などで優しく汚れている部分をぬぐってあげます。

ティッシュペーパーでも構いませんが、硬いと耳の皮膚が赤くなってしまったり、

強く拭きすぎると痛いのでしょうか、犬は嫌がります。

古いTシャツや布を適当な大きさに切って保管しておくと、耳掃除や目やにを取るのに重宝します。

耳掃除は綿棒が怖い人もいることでしょう。

綿棒を使っているときに犬が動いたら、ビックリしてしまいます。

指に布を巻きつけて拭こうとしてもなかなか中まで入りません。

「ビルバック ペッツケア イヤークリーナー」はとても便利です。

キャップを開け閉めするのではなく、先端のノズル部分を回すだけで洗浄液が出てきます。

簡単に汚れを拭いたら、このクリーナー液をたっぷり耳の穴にたらします。

その後少しだけ耳の外から撫でまわして、犬が嫌がって頭を振るのを待ちます。

耳に入った液が嫌で、すぐに頭をブルブル振りますからその時に耳の外に出てきた洗浄液を

拭いてあげるだけでいいのです。

耳の病気になると、どうしても臭いが出てきます。

この「イヤークリーナー」にはシトラスの香りが付いていて、飼い主も犬も嫌いでは無い香り付きです。シトラスの香りがすると耳の掃除をしたことが家族にもわかります。

頭を振る行動は、シャンプーで耳にお湯や水が入ってもやる行動です。

耳の中に洗浄液をたくさんいれますが、耳の健康には全く影響がありませんから、

安心して使うことが出来ます。

垂れ耳ちゃんのお手入れで困っていたら、一度試してみるのも良いのではないでしょうか?

動物病院や耳掃除のたくさんの商品がありますが、

使いやすさとお値段がお手頃なところがお勧めです。


 

 

実際に使用されている方も使いやすさとお値段がお手頃なところがオススメとことです!
ぜひご覧になってみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします