診察中の脱走防止にはグルーミングバッグ

猫が病院にいくときやシャンプーするときに暴れて困っている…

そんな方に必見のアイテムです。

グルーミングバッグをご存知でしょうか?

洗濯ネットのようなもので、猫をネットに入れることによって、猫が暴れるのを防ぐアイテムです。

 

 

では実際使ってみてどうなのか気になるところですよね。

実際に使用されているかたにお話を伺ってました。


 

猫を飼っています。

昔、飼猫が怪我をしてしまったことがあり、通院する機会ができました。

その際、猫用のハーネスにリードをつないで、病院で暴れないようにさせていました。

ところが猫用のハーネスとリードでは猫の動きの自由度が高いため、興奮した猫が診察室から飛び出してしまう、という事件を起こしてしまいました。

幸いにも、院内の入り口で捕まることができましたが、一歩間違えれば、そのままドアから出て完全に脱走されてしまうところでした。

目の前は大きな道路があるので、これは危ないと思い、ファンタジーワールドのグルーミングバッグを使うようになりました。

グルーミングバッグは、猫の首から下の全身を覆うことができるメッシュ状の袋です。

首はグルーミングバッグのマジックテープで留める仕様で、首のサイズに合わせて微調整が可能になっています。

細い猫からかなり太い猫さんまで対応できるように、マジックテープの範囲は大きくなっています。

首のサイズがどんな猫にも合うように、マジックテープの範囲が広くなっているので、一度グルーミングバッグを購入すれば、故障しないかぎりずっと利用できるので経済的です。
成長や体格の変化に末永く対応していけるのがグルーミングバッグです。

診察時は、グルーミングバッグに入れて診てもらっています。

グルーミングバッグは、首から下の自由が多少制限されているので、うまく脱走することができないからです。

大きく動くことは基本的にはできません。

おしりの部分は、足と尻尾を収納できるようになっています。

トイレのときは、お尻の部分を飼い主の裁量で自由に微調整できる仕様になっているので、一度着せたからといってトイレの度に脱がせる必要がないので、便利です。

グルーミングバッグは、丈夫なメッシュなので、シャンプーや爪切りや注射のときに大活躍してくれます。

グルーミングバッグに入っているときの猫の可動範囲は、同じ場所にとどまりながらもこもこ動ける程度です。

だから、猫の体に負担がかかることもなく、病院の診察中に脱走することもなく、シャンプーも落ち着いてすることができるので、便利な猫グッズで助かっています。


実際に暴れる猫に使うと非常に便利なグルーミングバッグ!

成長にも合わせて使用できるので、猫を飼われている方なら一個は持っておきたいアイテムですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー