犬のノミ・ダニ対策

犬のノミやダニにお悩みの方…、他の方がどんな対策をされているか気になりませんか?

殺虫剤由来の首輪を使っているのか気になるところですよね。

こんなノミ、ダニの対策をしているという方にお話を伺ってみました。

 


 

犬を飼っていると、毎年悩まされることがダニ、ノミの問題なのですが、その対策も様々です。

私の棲んでいる北海道では5月~9月がダニのシーズンになりますので、それに合わせて予防の注射をされる方も居れば、内服の薬を飲ませる方も居ます。

ペットショップではダニ除けの首輪とかも店頭に並び始めます。しかしいずれも殺虫薬品由来のものが多く、恐ろしくて使えずにいます。

ましてや我が家の愛犬は皮膚がデリケートですぐにアレルギー症状が出たりしますので、食事はもちろん、環境にも配慮しているつもりです。

以前は蚊除けとしてのユーカリエキスを散歩の度に塗布していました。

最近は入手困難になったもので、無農薬柑橘類の皮のエキスを自宅で抽出して、塗布しています。

いずれにせよ100%ではないので、あちこちダニに刺されたり、蚊が群がったりすることは日常茶飯事です。

丁寧なブラッシングと観察で、ある程度の被害軽減することは出来ます。

けれども短い春夏を旺盛な生殖活動に費やすことはどの生き物も同じ、あらゆる障害をくぐり抜けて食らいついたダニはなかなか簡単には引き抜けません。

下手な引き抜き方をすれば、膨れ上がったお尻だけ獲れ、食らいついたダニの頭部が愛犬の皮膚の中に残ったままになってしまいます。

そうなると菌が繁殖し、炎症を起こします。そうならないための食らいついたダニ獲り用のピンセットがあるのです。

耳かきのような先っぽで膨れ上がったダニのお尻を挟み込み、そのままぐるぐる回していくと自然にダニの頭部が愛犬の皮膚から出て来ます。

全くと言っていいほど力は要りませんし、特別な技術も必要ありません。

完全にダニや蚊を寄せ付けずにやっつけてしまうという薬品が、犬の身体や我々飼い主の身体に何らかの影響を与えないとも限りません。

少なくとも我が家では、安心できる自然由来の範囲で予防し、こまめにブラッシングをして、それでもダニに纏わりつかれてしまったら、このピンセットで速やかに捕獲しています。確実にきれいに獲れる優れものです。


 

ピンセットについても、ネットでお安く手に入りますので、

気になった方はぜひご覧くださいね。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー