腎不全ですが療法食を食べてくれません(ジェーピースタイル 腎臓の健康維持サポート 700g)

猫が腎不全で食事をどうしたらいいのか…

腎不全で療法食を食べてくれなくて困っている…

同じようなお悩みを持っている方にお話を伺ってみました!

 

 


 

うちで飼っている猫は昨年「慢性腎不全」と診断され、毎月血液検査をしています。
治る病気ではなく進行をいかにして押さえ寿命を延ばすか、という延命が飼い主の仕事で、自宅では毎日輸液をしています。
そして食べ物にも気を使わなければなりません。

腎不全のときはクレアチニン値が高くなってしまうので、クレアチニンがあがらない食事を出すのです。

今は療法食で種類が沢山あります。

いくつか病院でもらってきて試したりもしました。

しかし、うちの猫にはどうやら好みではないようで、しかし好みではないからといって食事をあげないわけにもいかず、だからといって嗜好性の高い食事だとクレアチニン値がガンガン上昇してしまいますのでなんとかしなければなりません。

食べなければ食べないで痩せてしまいますし、痩せることで体力も損なわれるので飼い主としては「療法食を食べない場合好きなものをあげて体重を維持させたい、しかし好きなものをあげると血液検査の数値があっという間に悪化してしまう」というジレンマにさいなまれることになります。

そこで我が家ではスーパーを梯子し、色んなフードを購入しました。

そのなかの一つがジェーピースタイル 腎臓の健康維持サポート 700gでした。

こちらは日清が作っており、国内メーカーなので表示も分かりやすく、個人的にですが安心して食べさせることができます。

そして何より一番ベストなのは、パックが小分けになっており、酸化を防いでくれるのです。

海外メーカーだとそうはいかず、同じ700gでも小分けになっておらず酸化してしまい、猫が食事をとらなくなるときがあります。ニオイも悪くなってしまうので、そそられないのだと思います。

猫の1日の食事量は40gくらいですので、こちらは100gで1パックです。二日で使い切る形ですが、二日くらいでしたら酸化しません。

これが700g小分けをしていない場合、15日くらいで食べきるわけですが、そこまでクチが開いていると悪くなってしまい、猫が好んで食べてくれなくなってしまいます。

今はこちらの商品を好んで食べてくれているので、様子を観ていますが、とてもよい商品だと思います。

 

 


 

お話を伺った方が使われる方が与えている商品がこちらになります。

※腎不全の場合には獣医師の方とよくご相談の上、お使いください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー