マースジャパン シーザー14歳からの蒸しささみ(チーズ・野菜入り)スープタイプの口コミ評価!悪い点はここ!

マースジャパン シーザー14歳からの蒸しささみ(チーズ・野菜入り)スープタイプの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

マースジャパン シーザー14歳からの蒸しささみ(チーズ・野菜入り)スープタイプってどんな商品?

14歳からの老犬が食べやすいようにスープタイプになったドックフードです。ささみを細かくほぐしふっくら蒸して、野菜とチーズを加えています。低脂肪のささみが使用されており低カロリー低たんぱく、グルコサミンが配合されて老犬の足腰の健康維持をサポートするようにと配慮されています。ドライフードなどの総合栄養食とともに与えるようにとのことです。内容量は70gと少なめですが、一日に半袋~1袋を目安として与えましょう。

購入するきっかけ!

愛犬のM・ダックスが14歳を迎えてから体調を崩し、まったくドライフードを食べなくなりました。人間が何か食べているとやって来て何でも欲しがる子だったので、食べないということが悲しかったです。老犬になると臭覚も落ちて臭いが感じられないため食欲がわかなかったようです。病院で薬をもらいましたが、ご飯を食べないので薬も与えることが出来ません。いろいろなフードを試してみましたが、このシーザーの蒸しささみスープタイプを皿に入れてやるとぺろぺろなめてお薬まで飲んでくれ「やった」と思いました。それからはドライフードの上にかけてやっています。

ここがオススメ!口コミ評価!

食欲のなくなった老犬にとっては、唾液も少なくなりカリカリのドライフードが食べにくくなります。若いときのようにドライフードだけでは食いつきも悪く、歯も悪くなってくるので吐き出すことも多くなりました。そんな時にシーザー14歳からの蒸しささみが強い味方になってくれました。ささみが細くほぐしてあるので柔らかで食べやすく、食欲がまったくない時にはスープタイプなのでペロペロと噛まずに食べられます。なんといっても薬を入れると、一緒に飲んでくれるのが助かりました。

ここはいまいち!デメリット!

悪いところは特に思い当たらないのですが、一袋70gで内容量が少なくすぐに食べてしまうことでしょうか。一袋の金額を考えると何袋も与えるにはちょっと無理がありますので、もう少し量が多ければいいのにとは思います。どこのスーパーにも置いてあるわけではなくて、ペットショップでも品切れになっていることも多いのが難点です。うちでは箱買いすることもあります。インターネットでまとめ買いをするといいのかも知れませんね。

口コミレビューまとめ!

愛犬が年を取って食欲が突然なくなったときに、あれこれ試してみて一番食いつきが良かったです。ふわふわと柔らかそうな蒸しささみと、美味しそうな臭いが食欲をそそるようです。
一袋の半分か、大匙1ぐらいをドライフードにかけてまぜてやると、食いつきもよくお皿がきれいになるほどペロペロとなめてくれます。
スープタイプになっているので老犬には食べやすく、スープの中にチーズや野菜類がすけて見えるので何が入っているのか確かめられるので良いです。

関連記事

検索

カテゴリー