使いやすさは抜群!ザ・メンズ つめ切り(大)

ザ・メンズ つめ切り(大)を使うようになったキッカケ

現在、ジャックラッセルテリアとプードルのMIX♀と♂猫と共に暮らしています。元々、人間用として市販されている普通の爪切りを使用していました。

ですが、それで猫の爪を切ると端が割れるのです。そこで、猫用の爪切りを探していました。

求める条件は

・猫の爪が割れないこと

・なるべく猫を押さえつけないで爪切りができること

・できれば切った爪が飛び散らないこと

この3点が理想でした。

しかし、爪切りと言っても刃物。特に、砥直してまで使おうとは思っていなかったので、あまりに高価なものは求めていません。すると、ケース付きで切った爪をためておく機能のものは当時、見つかりませんでした。

そのため、切った爪が飛び散らないことは諦め、爪が割れないことや、押さえつけないでいいことを重視しました。そこで、いくつもの爪切りを試しましたが、押さえつけないでいいことをクリア出来る爪切りには出会えませんでした。

ですが、これは爪切りが悪いのではなく、猫の爪を他者が出す場合、手の甲からグッと押さえて切らなくてはいけないのです。これが、ペンチタイプの爪切りだと、完全に挟み込むため安全も考え爪をしっかり出す必要があります。

そのため、猫の手をグッと掴むと猫は嫌がり、逃げたがります。その逃亡を阻止するため、段々と力が入り押さえつけないといけなくなるという悪循環となるのです。

少しでも、お互い快適に爪切りをするため、もっともいい方法を調べてみました。すると、道具が問題ではなく、切り方が問題だったのです。

以前の私の切り方は、親指と人差し指で手の平と甲を押さえ、親指で爪を出し、まっすぐに切るやり方。改善後は、猫の手は持ちますが、少しだけ押し爪を横から切る。こうすることで、爪切りの構造が潰して切るやり方だったとしても、割れにくくなりました。こうなってくると道具は使い慣れたものが1番だと思います。

刃物は消耗品な上、ペンチタイプより爪切りの方が良い。そこで、ザ・メンズ つめ切り(大)を試してみたところ、特に問題はなく、コスパに優れているだけでなく、当初諦めた切った爪が飛び散らないことも解決してくれました。さらに、この商品、メンズとだけあって開きが大きいのです。

開きが大きいと爪を挟む部分も大きくなるようで、とても使いやすく助かっています。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー