鹿の角 ロングの口コミ評価!悪い点はここ!

鹿の角 ロングの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

鹿の角 ロングってどんな商品?

野生の鹿の角を採取し、犬が咥えやすい大きさにカットしたおもちゃです。
利用方法は、大型のガムと同じような感じで、犬に与え、がじがじと噛んで遊ばせます。噛むことによるストレス発散効果と同時に、硬い鹿の角の研磨効果により虫歯予防につながるとして近年人気を博しています。
鹿の角の大きさは、このロングサイズにかぎらず、犬の大きさに合わせて小さいものやハーフカット(立て半分に削いだ形のもの)も選ぶことができます。

購入するきっかけ!

噛んで遊べる固いおもちゃを探していたのがきっかけでした。犬が噛めるおもちゃは、ホームセンターでよくみかけるようなものを中心に何種類か与えていましたが、どれもすぐに壊してしまい長持ちせず、しまいには、家の家具などをがじがじと噛んでしまうことがありました。
犬が飽きずに噛むことができ、頑丈な犬の歯でも簡単に壊れないおもちゃを、と探していた時に、通販で売られている鹿の角を発見し、試してみることにしました。

ここがオススメ!口コミ評価!

最も良かったのは、壊れずに長持ちしてくれる点です。
市販されている木製やゴム製の噛むおもちゃは、特に中・大型犬や歯の鋭い小型犬になると、すぐに、削り取られてしまい、長持ちしません。
鹿の角は、太くて頑丈なため、犬ががじがじと強く噛んでも早々にだめになってしまうことがなく、何ヶ月も形状をとどめたまま遊び続けることができます。
また、野生の獣の臭いがするのか、犬も夢中になって噛み続けてくれ、飽きずに利用し続けられるのも良いところです。

ここはいまいち!デメリット!

研磨効果が強いため、特に歯の小さい小型犬などでは、長時間利用すると、歯が削られてしまう危険があるようです。犬がずっと鹿の角に夢中になっており放してくれない場合には、タイマーで時間を決めるなどして、一定時間で、他のおもちゃと交換し、歯の削れを防止してやる必要があります。
逆に、中・大型犬の場合、大きな鹿の角を口で放り投げて遊ぶため、フローリングだと床が傷だらけになってしまうことがあります。利用する場合、クッション性の高い床の上で与えるのがお勧めです。

口コミレビューまとめ!

鹿の角 ロングは、天然の鹿の角をカットした、犬用のおもちゃです。犬がガジガジと噛んで利用することでストレス発散や歯の研磨の効果が得られます。
木製やゴム製のおもちゃと違い、犬が強く噛んでも壊れないのが最もお勧めできる点です。野生由来のものだからか、犬も夢中になって遊んでくれ、長持ちします。
逆に頑丈すぎるため、犬の歯が削られ過ぎてしまうリスクもありますので、与える際は、ある程度時間を決めて与えるのが良いでしょう。

関連記事

検索

カテゴリー