トイレに流せる木製猫砂 ひのき入 6L×6袋の口コミ評価!悪い点はここ!

トイレに流せる木製猫砂 ひのき入 6L×6袋の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

 

トイレに流せる木製猫砂 ひのき入 6L×6袋ってどんな商品?

ひのきオイルが染みこんだ、木質製の大粒ペレットを使用した猫砂です。資源の有効活用によって環境に優しく、天然なので猫にも優しいという良品です。固まりやすく、また燃やして浄化することも可能な使い勝手の良い逸品です。

常陸化工という会社が製造し、原料であるオガクズを粉末状にした上で粒を作り、さらに圧縮して作っているため、形が崩れにくい大粒(1cm位)になっています。デンプン質を糊材として使用しているため、トイレにそのまま流しても支障はありません。

 

購入するきっかけ!

いつもありきたりな猫砂を使っていましたので、たまには良さそうなものはないかと思い、カタログを見ていたとき発見しました。見ていて一番魅かれたところは、何といってもヒノキのニオイが良さそうだと思ったことです。

私はニオイに敏感なところがあり(猫も敏感)、尿臭が臭くて「嫌だな」という思いを解決してくれそうな一品だと考え、早速買ってみることにしたのです。そして砂が大粒なので、トイレの外にこぼれたとき片付けるのが大変なことも解消してくれるだろうと感じました。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

何といってもニオイがいいです。ヒノキの香りがふんわり優しく香りますので、汚いトイレでも気軽に近付いて、ウンチやオシッコなどを片付けることができます。

そして固まり方も良好なので、スコップでちょっとすくえば簡単にゴミ箱へ捨てることができます。トイレに流せることや燃やせることなどは、私にとってはあまり関係なかったのですが、人によっては便利だろうと思いますし、多様の処分方法があった方が良いでしょう。

そして大粒なので、散らかっても「掃除をしよう」という気になることができましたし、システムトイレにも使えて便利でした。

 

ここはいまいち!デメリット!

猫砂にしては、若干値段が高いかなと思う点です。1袋500円前後しますので、他の400円前後のものと比べたら、割高感が否めません。そして粒が大きいだけに、なくなるスピードも速いかなと思います。

経済性という観点から考えるとイマイチかも知れませんが、品質が良いから仕方ない感じもします。それと、前の猫砂から一気にこちらへ移行してしまうと、普段は嗅ぎ慣れないニオイから愛猫は少し戸惑い、最初はあまり使用してくれませんでした。だから徐々に移し替えていった方が良いでしょう。

 

口コミレビューまとめ!

ヒノキの香りで部屋の中が良くなったという声が多いです。猫のトイレを室内に置くと、どうしてもウンチやオシッコの臭いがじわりじわり漂ってきます。しかしこの猫砂はそんな臭いを緩和してくれますので、変な臭いを嗅いで嫌な気分にならないという声が多くあります。

また、吸水性が良いことも好評です。吸水性が悪いと下の方に液体が溜まってしまい、尿臭を発し出します。それが砂に固められると臭いをある程度まで抑えてくれ、それにヒノキのニオイが加わるとさらに効果が高まるから「良い」と高評価です。

 

関連記事

検索

カテゴリー