術後の愛犬に、とても重宝したエリザベスウエア

うちの愛犬が2年前、骨肉腫という癌になり手術を受けることになりました。手術は無事うまくいったのですが、術後の苦しそうな姿を見ているとかわいそうでした。

とくに、傷口を噛まないようにと、カラーというプラスチック製の筒状のものを首につけるのですが、身動きは難しそうだし、水を飲んだりフードを食べる時にも首につっかえて、とても苦しそうでした。

退院して自宅に帰っても、なかなか傷口がふさがらずカラーをつけて過ごしていたのですが、寝る時もむずかしそう。術後の痛みに加えて身動きまで規制されるストレスで、見ているほうもつらいものがありました。

そのことを獣医さんに相談したところ、カラーのかわりになる術後服というのを勧められました。さっそく買って使ってみたところ、これが思ったよりもすばらしくて、その後、完治までかなり日にちがかかったので、とても重宝しました。これだと、犬も服を着ているだけの状態なので身動きがとてもラクそうです。

フルオブビガーというブランドが、獣医師やオーナーの意見を参考に開発したものです。サイズも細かく分けられていて、小型犬から大型犬まで種類豊富です。

背中でマジックテープで止めるようになっていてサイズ調節も簡単。きちんとサイズをはかって注文したので、おしっこの穴の位置もぴったりで着たまま用を足しても汚れないし、生地に伸縮性もあり動きやすそうです。すっぽり体を覆うのですが、慣れれば着脱もとても簡単です。

見た目も普通の服と変わらずかわいいデザインなので、外出時も違和感ありません。男の子用は1色だけでしたが、女の子用は何色か種類もありました。

もっと早く使っていればと後悔したほどです。うちの子は体質上、傷が完治するまでに3か月以上かかったので、もう2枚ほど追加注文しました。

長い闘病中、本当にこの術後服には私たちも愛犬も助けられました。先日、友達の愛犬が避妊手術をしたので、このエリザベスウエアをプレゼントしたところ、とても助かったと喜んでいました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

検索

カテゴリー