イヌネル ペット用紙おむつ Mサイズの口コミ評価!悪い点はここ!

イヌネル ペット用紙おむつ Mサイズの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

 

イヌネル ペット用紙おむつ Mサイズってどんな商品?

ペット用の紙おむつ。高齢のペットや介護が必要になったペット用の紙おむつです。また、生理時の出血にも対応している。立体的な形で尻尾の穴がある。ウエストの部分がギャザーになっていてテープで止めるようになっている。

体にフィットしてペットも嫌がらない。サイズがSSS、SS、S、M、Lとたくさんありペットの体の大きさに合わせたものを購入できます。家族の旅行中や外出時など、家でおしっこの世話ができない時にとても役立ちます。

 

購入するきっかけ!

飼っている猫が高齢になり、白内障も発症しました。目見えにくくなり、トイレの場所もわからなくなったようです。また、おそらく認知症も発症しているようで元気な時には考えられなかったのですが家のあちこちでオシッコをするようになりました。

このままでは衛生的にも良く無いし、家族がゆっくり寝ることもできないと思い紙おむつを買うことにしました。ペット用の紙おむつがどこに売っているのか知らなかったため、インターネットで紙おむつを検索し、こちらを購入しました。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

ねこ用オムツが探してもあまりなく、ネットで犬用のオムツでも問題ないと書いていたので試しに購入し使ってみました。かなり肥満の猫だったので、犬用のSサイズを購入しましたが小さくてテープが止まらず。

再度、Mサイズを購入しました。かなりの肥満猫だったので、最初は履くことにとても抵抗し、苦しそうに見えましたが、段々と慣れてきて問題なく履いてくれるようになりました。家族も失禁の心配がなくなりとても楽になりました。

 

ここはいまいち!デメリット!

人間とは違い、毛があるのでやはりオムツの中はオシッコでベタベタになります。除菌シートなどでよく拭いてあげないと汚いです。老猫は自分の舌でなかなか体を綺麗に出来ないので手がかかります。また、オムツを取り替える頻度も思ったより多く必要です。

オムツが濡れて重くなってくると、猫が嫌がって脱ごうとします。1日で最低5回は変えているので、コストパフォーマンスはあまりよくないですが、仕方ないです。慣れてくると、脱ぎ方を覚えたようで後ろ足をうまく動かして脱ごうとします。私たちが寝静まっている間によく脱いでいます。

 

口コミレビューまとめ!

家の中で老犬や老猫を飼っている人は必ず必要になってくると思います。うちは老猫を飼っており、最初は紙おむつを履くこともとても嫌がりましたが、履いてくれるようになるととっても楽です!

突然失禁したり、カーペットにオシッコをされると本当に悲しくなりますよね。そういう心配は無くなりました。我が家の猫は1日で5枚以上使うのでコストパフォーマンスはよくありませんが、掃除のことを考えるとやむを得ません。念のためペット用シートと合わせて使っています。

 

関連記事

検索

カテゴリー