お散歩フンフンの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

お散歩フンフンってどんな商品?

この商品は散歩の際の犬がフンの処理する道具です。見た目は水色の棒の先端に輪とゴムが付いています。そこに専用の袋を挟み込み、取り外しを可能にすることで何度も交換して使えます。使い方としては、フンの着地地点と肛門の間にすばやく差し込んでフンをキャッチします。

散歩中何度かフンをしますが付け替えずすべてキャッチします。そして家に帰ったときに袋をはずし、フンを処分します。そして、また散歩に行く際に新しい袋を装着します。

 

購入するきっかけ!

小便は持ち帰ることはできないですが、フンは必ず持ち帰らなければなりません。それが飼い主の義務ですし、周りの方からいやな目で見られることになります。しかしフンを地面に落としてしまうと地面が汚れますし、うちのイヌのフンは特に緩めな事も多々あり、処理に困っていました。

そこで散歩は日々の習慣ですし、少しでも楽したいと思い商品を探しはじめました。この商品であればフンを地面に付く前にキャッチできるので、とても便利です。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

お散歩フンフンの良さはなんと言っても地面に落とす前にフンをキャッチできることです。地面を汚すことは無いですし、飼い犬がゆるいベチョべチョのフンをしてもアスファルトをティッシュでふき取る必要もありません。また、ティッシュ越しや袋越しにフンを触るの必要が無いので衛生的です。

袋もボタンのワンタッチではずすことが出来るので衛生的です。取り外したフンの処分も袋を結んでゴミバコに捨てるだけなのでとても簡単でした。

 

ここはいまいち!デメリット!

お散歩フンフンの悪かった点は第1にフンのキャッチに慣れるまでに飼い主、飼い犬とともに道具を使いこなすのに時間がかかることです。犬は肛門の周りに物があると落ち着かないですし、飼い主も犬がフンをするタイミングに慣れなければなりません。

第2にお散歩フンフンの輪とゴミ袋を固定するのはゴムなので何度も使い続け、散歩中は日光に当たるので劣化してしまいます。劣化してゆるくなったゴムには3回分のフンは重すぎて落ちてしまいます。ですので、ゴムをたまに付け替えて使い続けました。

 

口コミレビューまとめ!

日々の散歩を少しでも快適に、楽に、便利にしてくれる商品です。これを使うことによって道路を汚すことも無いですしいちいち立ち止まってフンを拾う必要がなくなります。

なのでスコップや袋、大量のトイレットペーパーを持ち歩かなくて済むので手軽ですし、フンをつまみ掃除するというどうさを省くことが出来るので効率的な散歩が出来ます。(万が一フンのキャッチを失敗してしまったときのための少量のティッシュが必要ですが。)自分で用意したゴムに付け替えれば長い間使用することも可能です。

 

関連キーワード
  • ミュー にゃんボールの口コミ評価!悪い点はここ!
  • アイリスオーヤマ カラーサークル CLS-960Sの口コミ評価!悪い点はここ!
  • BLUE Wildernessの口コミ評価!悪い点はここ!
  • サッと快適消臭吸着マット 大判サイズの口コミ評価!悪い点はここ!
  • スーパーワンデオ 超吸収マナーパッドの口コミ評価!悪い点はここ!
  • ペットセーフ フローリーキャット チーズの口コミ評価!悪い点はここ!
  • ペッツルート ドッグ用マズル(口輪)オランジュの口コミ評価!悪い点はここ!
  • システムトイレ用ネオシーツSTの口コミ評価!悪い点はここ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします