スドー ウェットシェルターの口コミ評価!悪い点はここ!

スドー ウェットシェルターの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

スドー ウェットシェルターってどんな商品?

陶器製の主に爬虫類用のシェルター(隠れ家)です。レオパードゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)やその他の爬虫類、陸生の両生類、その他の小動物(飼育環境に合ったもの)にオススメの商品です。シェルター側面には生体が隠れられるスペースがあるのはもちろん、上面には水を入れられるくぼみがありまして、それを利用することでケージ内の湿度を上げることができるのが最大の特徴です。ケージ内に置くだけで簡単セットが可能です。

購入するきっかけ!

爬虫類ペットの中でも特に人気の高い地表生ヤモリのレオパードゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)の飼育を決めた際、事前に必要なものを調べている中で、各サイトにオススメで出てきて、購入したことがきっかけです。ネット通販でも購入可能かと思いますが、私の場合は、ペットショップにて購入しました。私の知る限り、サイズはMとLがありました。生体であるレオパードゲッコー(ヒョウモントカゲモドキ)が小さい頃はMサイズ、ある程度大きくなったら、Lサイズを使用していました。

ここがオススメ!口コミ評価!

通常のシェルター(隠れ家)としての機能はもちろん、何より上面のくぼみに水を注ぐことで、湿度管理がある程度可能であるということが最大の長所です。湿度計などで確認して、乾燥している場合には注水、湿度が高すぎる場合は中の水を捨てるなどして、乾湿のコントロールできます。面倒な組み立てやセッティングに必要なことはありません。ケージ内に置くだけです。ケアも簡単で、時々ブラシなどで掃除してあげると良いでしょう。

ここはいまいち!デメリット!

陶器製なので、やはり少し重く、扱いづらいのが短所です。特に生体が近くにいる場合、シェルターを動かす際に注意が必要です。また、ガラス水槽などで飼育している場合は、ガラス面にシェルターをぶつけてしまわぬよう注意してください。また、どうしても水を扱うシェルターなので、カビが生えやすいです。定期的に掃除することをオススメします。それと、飼っている生体によっては、湿度の上がり過ぎに注意しましょう。温度計、湿度計でしっかり管理していくのが良いです。

口コミレビューまとめ!

重いこと、カビが生えやすいこと以外は、とても長所の多いシェルターだと思います。一番のオススメポイントはやはり、湿度コントロール可能な構造です。サイズも大小あり、飼育する生体のサイズによって選択可能です。推奨動物も、爬虫類はもちろん、両生類、その他条件に合う小動物など幅広いかと思います。正しく使うことで、快適な飼育環境の実現ができることでしょう。まずは、ネット上での評判のチェックや、ペットショップなどで実際に手にとってみてください。

関連記事

検索

カテゴリー