ニャン太の袖猫の口コミ評価!悪い点はここ!

ニャン太の袖猫の口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

ニャン太の袖猫ってどんな商品?

猫は狭いところに入るのが大好き。そんな習性を満足させる「ニャン太の袖猫」。商品は狭い袖状になっているもの。袖に入ると、猫の好むシャカシャカと音のなるフィルムが猫の好奇心を刺激します。猫の体にぴったりサイズの袖から猫が顔を出すと、何とも愛らしくSNS映えしそうです。猫のストレス解消に、そして何とも可愛らしい姿も見れるので飼い主も満足すること間違いなしです。ニャン太の袖猫、ぜひ皆様の猫ちゃんにもお試しいただきたい商品です。

購入するきっかけ!

猫という生き物は狭いところが大好きです。猫を飼ったことがある方はご経験あるのではないかと思いますが、人間が手の届かないような狭いところに柔軟に入り込んでしまったり、入られたら困るようなところで猫は気に入ってしまいなかなか出てこなかったり、飼育下の猫も狭いところを求めています。我が家の猫もそうでした。そのため、ニャン太の袖猫の商品を見た時に、これをあげたら我が家の猫が喜ぶかもしれない…と思い購入をしました。

ここがオススメ!口コミ評価!

絶妙な狭さ。これが我が家の猫は大変気に入ったようです。スッポリと猫の体にフィットして、狭いことが猫にとっては安心するようでした。多少伸縮性もありますので、標準的な猫~多少おでぶちゃんな猫でもサイズ的には問題ないと思います。シャカシャカフィルムも効果的で、袖の中にオモチャ(ネズミダミーなど)を入れておくと、音と共に刺激的なようで夢中で遊んでいます。手荒いもOKなので、汚れたらいつでも清潔を保てます。長く遊べるアイテムです。

ここはいまいち!デメリット!

我が家の猫の場合ですが、購入したばかりの最初は、警戒して中に入ろうとしませんでした。やわらかい袖状のため、猫が体を入れることで形がしっかりしますが、はじめからトンネルのように通り抜ける気軽さは無いのかもしれません。我が家では猫に慣らすために袖の中におやつを置いたり、オモチャを置いたり、袖の中に通れるということを教える為に多少時間がかかりました。あまり神経質な猫には向かないかもしれませんが、普段から好奇心旺盛な猫には抵抗ないと思います。

口コミレビューまとめ!

飼育下における猫はストレスが溜まりがちです。狭いところや高いところ、猫が求める場所は、人間との共同生活においてなかなか提供できないかもしれません。しかしニャン太の袖猫を使用すれば、狭いところに入ることができ、猫はリラックスすることができます。そして、何とも愛らしい姿を飼い主も見ることができます。猫の習性を理解して、できるだけ猫にストレスのない環境で生活してもらいましょう。ニャン太の袖猫は、非常におすすめな商品です。

関連記事

検索

カテゴリー