【ユニ・チャームペット 男の子用おしっこ紙おむつ】シニア犬の介護、おもらし対策やお出かけ時のマナーおむつとしても便利!

ペット用の紙おむつが最近ではよくホームセンターやドラッグストア、ペット用品店でも見かけられるようになり、使い心地もだんだんとよくなってきています。

室内犬を飼う方が増えてきていることもあるようですが、以前使ったときには使い方がよく分からずに、使わなくなってしまったこともありますが、今はおしっこ用紙おむつを毎日使うようになりました。

おしっこ用紙おむつ 旅行やお出かけ時にも便利

ワンちゃんの排泄やおもらしが気になる旅行やお出かけ時にも便利なおしっこ用の紙おむつ。

 

排泄を決まった場所にできるワンちゃんであれば心配はありませんが、旅行やお出かけのときはワンちゃんも普段とちがう雰囲気におもらしをしてしまうこともあると思います。

また飛行機に乗るときなど、ワンちゃんを預けないといけない場合にもおしっこでワンちゃんの体や足が汚れてしまうのを防ぐこともできるので便利です。

椎間板ヘルニアや病気療養中のおもらし対策に

ワンちゃんが病気療養でゲージやサークルから出られないとき、安静にしているときなどに心配になるのがワンちゃんの排泄のこと。

 

おしっこをする場所まで自力で歩けないときや、普段からゲージの中で排泄をしているワンちゃんにとっては、体が汚れてしまうとワンちゃんも飼い主さんも大変です。

おしっこ用の紙おむつをつけていると、おもらしをしても紙おむつが吸収してくれて、おむつ交換のときに陰部の汚れが気になるときにはペット用のウェットティッシュなどで拭いてあげると、ワンちゃんも清潔に過ごせるので便利です。

シニア期のワンちゃん、介護のときにも

ワンちゃんが年齢を重ねてシニア期に入ってくると、おもらしをしてしまうことも多くなるワンちゃんも多いようです。

 

また、寝たきりや自力で体を動かせない介護が必要なワンちゃんのおしっこ対策としておしっこ用の紙おむつを使う方も多いようです。

室内でワンちゃんを飼う方が増えていることもあり、ワンちゃんが高齢のシニア期に入るとおしっこの対策も必要になってくるので、おしっこ用の紙おむつを使っている方が多いのかもしれません。

やわらかさ、肌触りも気持ちよく 使い心地も良くなっています

ワンちゃん用のおしっこ用紙おむつは数年前から使っていますが、ワンちゃんのおしっこ用紙おむつの種類もここ数年で増えてきているようです。

また使い心地も改良され、ワンちゃんの負担にならないように肌触りもやわらかく、おむつ自体のやわらかさもアップしています。

つけ方に戸惑う方も多いと思いますが、紙おむつをつけやすいようにおなかまわりの部分に大きめのラインが入っていて、ワンちゃんにつけやすい位置の目安が分かりやすくなるように工夫されています。

さらに使ってみてすごいなと思ったポイントに、しっかりとしたギャザーの働きで、紙おむつが少しずれていてもおしっこをしっかりキャッチして漏らさないようにできています。

ワンちゃんが動いたり、鼻でつついてずらしてしまったときでも、ギャザーがおしっこを漏らさないようにキャッチしてくれるので、おもらしの回数がぐんと減り、今ではおしっこ用の紙おむつは欠かせないケアアイテムになっています。

ワンちゃん用の紙おむつ デザインもかわいく

ワンちゃんの紙おむつもデザインのかわいいものが多く、洋服のような柄の入ったデザインのものもあり、ユニ・チャームのおしっこ用紙おむつには星の絵がおむつ全体に入っていて、見た目もかわいくおむつだけどおしゃれなデザインになっています。

初めは嫌がっていたワンちゃんも 今では気持ちよく過ごしています

椎間板ヘルニアで安静期間をきっかけに使い始めたおしっこ用紙おむつですが、初めは「こんなのいやだ~」とすぐに外したがっていた紙おむつですが、今では嫌がることなくワンちゃんも気持ちよく過ごしています。
おしっこ用紙おむつをつけるときには、尿やけという皮膚についたおしっこが原因で皮膚炎になってしまうことに気を付けてあげたいですが、定期的にペット用のウェットティッシュで拭いてあげたり、お湯でサッと洗い流してあげることで清潔に保つことができます。

気になるときは動物病院でケアもしてくれるので、今ではおしっこ用紙おむつを気軽に使うことができて、欠かせないアイテムです。

 

関連記事

検索

カテゴリー