バックパックキャリーフルカバーの口コミ評価をまとめます。使ってみてのデメリットも含めて徹底調査してみました!

 

バックパックキャリーフルカバーってどんな商品?

この商品は、持ち運びがしやすいように工夫されたペットキャリーです。ハードタイプのキャリーとは異なり、折りたたんでしまうことも可能です。重さは1.5kgと軽量なので、女性にも扱いやすいのが嬉しいところです。

シチュエーションによって手で持ったり、肩にかけたり、リュックのように背負ったりと、3通りの使い分けができます。キャリーをしょったり背負ったりする部分にはパッドがついているので、長時間使用する際にも安心です。

 

購入するきっかけ!

大規模な災害時には、ペットを連れて避難しなければならないこともあります。これまでハードタイプのキャリーを使用すればよいと思っていましたが、手がふさがってしまうことが難点だと思うようになりました。

そこでリュックのように背負うことができるキャリーを探していたところ、この商品を見つけました。このキャリーを使用すれば、両手を空けることができるので、避難所まで安全に向かうことができると思いました。また疲れたときには、持ち方を変えることができるのも便利だと思いました。

 

ここがオススメ!口コミ評価!

ペットの性格や気分によって、キャリーの使い方を変えることができるので便利だと思いました。キャリー自体はカバーで覆われていますが、カバーを外せばメッシュ構造となっており外の景色や空気を味あわせることができます。

ペットが人目にさらされたくないと思っているときは、カバーを閉めておけばよいので簡単に調節できて便利です。また中敷にふんわりした柔らかい素材を使っているので、ペットが居心地よさそうに過ごしていました。

 

ここはいまいち!デメリット!

ハードタイプのキャリーに比べると、強度の点で心配があります。例えばメッシュの部分はラバーコーティングされているとはいえ、ペットが本気で噛み付いたり引っかいたりしたら破損してしまうのではないかと不安です。

また柔らかい素材でできているだけに、型崩れしてしまわないか心配です。それから商品到着後しばらくの間は、強いニオイがしていたのが気になりました。こちらのほうは、カバーをフルオープンにした状態でしばらく放置しておいたところ、ニオイが気にならなくなりました。

 

口コミレビューまとめ!

この商品は、ペットを一時的に連れて歩くような場合に向いていると思います。手軽に出かけられるメリットはありますが、長時間となると難しいかもしれません。ハードタイプのキャリーと比べると強度や安全性の面では不安があります。

しかし小型の犬や猫くらいなら、両肩にしょっても痛くなることはありません。万が一の場合に備えて飛び出し防止リードが付属しているのも、配慮が行き届いていると思います。商品のサイズにはM、Lがあり、Lなら8kgまでのサイズに対応可能です。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします